デマに踊らされない! 動画で学ぶ新型肺炎感染予防

News&Column

写真はすべてイメージです

新型コロナウイルスの感染拡大への不安が広がるなか、産業医や保健師による健康管理サービスを企業に提供している「ドクタートラスト」(本社・東京都渋谷区)が、正しい感染予防法などを紹介する動画をYouTubeに公開しました。

動画によると、新型コロナウイルスの感染症は、ウイルス性の風邪の一種で、発熱やのどの痛み、長引くせき、強いだるさなどが特徴。予防の基本として、「感染経路を断つ」「体の免疫力・防御機能を上げる」の2点を挙げ、「手洗い・手指消毒・手肌の荒れをケアする」「うがい・水を20分おきにひとくち飲む」「人混みや集会に行かない」「十分に睡眠をとる」「免疫力を上げる食事を規則正しくバランスよく食べる」といった具体策を解説しています。

さらに、正しい手洗いの方法やタイミング、正しいマスクの使い方、感染拡大に備えて職場や自宅に備蓄しておくべきものなどを紹介しています。

ネット上には、「26~27度でウイルスは死滅するからお湯を飲めば予防ができる」「マスクの材料に使われるのでトイレットペーパーがなくなる」といった不確かな情報が広まり、人々を惑わせています。デマに踊らされず、正しい情報を身につけ、事態に備えたいものです。

 

【あわせて読みたい】
長期の臨時休校、子供の世話はどうする? 働くママ悲鳴
新型肺炎拡大でマスク不足…入手できない場合にできることは
すき間時間に仕事と学び、自営型テレワークの魅力とは