サステナビリティー、ダイバーシティーを意識…米アカデミー賞授賞式

News&Column

ナタリー・ポートマン(ロイター)

2月9日(日本時間10日)に行われた第92回アカデミー賞は、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」がアジア映画初の快挙となる作品賞など4部門を受賞したほか、女優の松たか子さんが日本人として初めて歌唱を披露するなど、今年も話題が尽きませんでした。参加者たちが華やかに競演するレッドカーペットでは、サステナビリティー(持続可能性)やダイバーシティー(多様性)を訴えるセレブが印象的でした。

ルイ・ヴィトンのドレスをまとうケイトリン・デヴァー(左)。マーゴット・ロビーはシャネルのドレスで取材陣にポーズを取っています(いずれもロイター)

「スキャンダル」で助演女優賞にノミネートされていたマーゴット・ロビーは、シャネルの1994年春夏のオートクチュールコレクションで発表されたドレスをまとっていました。ネイビーのオフショルダーのシルクのシルエットは、20年以上も前のデザインとは思えないくらい、新しさを感じます。彼女について、米ヴォーグ誌は「ビンテージなアプローチをした」と評しています。

ケイトリン・デヴァーは、鮮やかなクリムゾンレッドのオフショルダーのロングドレスを身にまとっていました。このルイ・ヴィトンのドレスは、環境に配慮したシルクサテンで作られていて、スワロフスキーのクリスタルが飾られています。

主演男優賞を初受賞したホアキン・フェニックス(ロイター)

話題作「ジョーカー」で主演男優賞を初受賞したホアキン・フェニックスが着ていたのは、ステラ・マッカートニーのタキシード。彼は今年の授賞式シーズン、ずっと同じものを着用しています。

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」の演技で主演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンのグッチのドレスは、デコルテを大きくVシェイプにデザインした黒のサテンのトップスにラベンダーのスカートが特徴。このトップスは、彼女が先週末の英国アカデミー(BAFTA)賞で着ていたドレスの余り布で作られたものだそう。

シアーシャ・ローナン(ロイター)
ナタリー・ポートマンが着ているディオールのケープには女性映画監督の名前が刺繍されています(ロイター)

今年のアカデミー賞の監督部門では女性監督がノミネートされませんでしたが、アカデミー賞のプレゼンターとして登場したナタリー・ポートマンは彼女なりの方法で、ノミネートされなかった女性監督たちをたたえました。ゴージャスなドレスの上に黒いディオールのタキシードケープを身につけていましたが、その端には金糸でグレタ・ガーウィグ、ルル・ワン、マリエル・ヘラーら女性監督の名前が刺しゅうされていました。

ただ美しく着飾るにとどまらない、セレブたちの強い主張があふれたレッドカーペットでした。

(メディア局編集部 杉山智代乃)

【あわせて読みたい】

“ハリウッドデビュー”小林直己「世界に影響与える存在に」

「美しさ」「平等」…メイクアップと仏教の世界から見えたこと

華やかで個性的…海外セレブのウェディングドレス

パリの混浴、水着を脱いでおっぱい解き放つ流儀