柔軟剤、香水、みそ汁、カレー…そのにおいも「香害」ですか?

サンドラがみる女の生き方

最近、「香害」が話題になっています。読売新聞が運営する掲示板サイト「発言小町」にも、「柔軟剤の匂いが苦手で、不快だし具合が悪くなるから使わないでほしいと言われた」「柔軟剤の匂いがキツいのは飲食店じゃダメ。におう、におうと指摘された」といった相談が寄せられています。一昔前はあまり話題にならなかった「香り」の問題について、今回は様々な視点から考えてみたいと思います。

日本人にはキツイ「甘い香り」

「香り」について考えてみると、「これほど話し合いが難しい問題もない」と思うことがあります。というのも、「香り」には世界に通じる「常識」など存在せず、言ってみれば、「好みの問題」だからです。

日本のオフィスには、「あまりに香りの強い香水は控えるべき」という暗黙のルールがあるように思います。ところが、日本国内であっても外資系の会社や欧米人の多い職場だと、オフィスに独特の甘い香りが漂っていることがあります。

画像はイメージです

私は、甘い香りが好きなので気になることはありませんが、人によっては不快に感じるだろうと想像します。でも、においについて就業規則に明確な記載がない場合、「においがキツイので控えてほしい」と本人に言うのはなかなか難しいでしょう。香水をつけている本人は、あくまでも「そのにおいが好き」だからつけているのであり、「そのにおいがキツイ」とは思っていないからです。

あくまでも一般的な傾向ですが、欧米人はバニラ系などの甘い香りが好きな人が多い気がします。朝つけると、一日中ずっと香りが続くタイプのものも多いですが、時にこれが日本だと「キツイにおい」だと思われてしまうようです。

発言小町のレスを見ていて思ったこと

発言小町に寄せられた「柔軟剤や香水」に関する相談を見てみると、レスには「香害につながることはやめるべき」という内容が目立ちます。香りによって、体調が悪くなる人もいることを考えると、たしかにその通りです。しかし、その一方で、柔軟剤も香水も日本の一般のお店で販売されているありふれたものですから、使用を控えることを「お願い」はできても、「強制」はできないのではないでしょうか。

画像はイメージです

日本には「甘い香りはキツイにおい。だから控えるべき」というコンセンサスがあるようで、香水や柔軟剤についてシビアな意見が目立ちます。また、一部ではありますが「甘い香りは水商売を連想させる」という意見もあります。

ところで、筆者の知り合いの日本人女性は、あるメーカーの香水の名前を挙げ、「その香りはキツイからあまり好きではない」と言っていました。しかし、それはヨーロッパではとても人気のある香りなのです。そういったことを考えると、香りに「常識」などなく、結局はやはり「好み」の問題だといえそうです。

なじみがないから「変なにおい」

以前、ドイツに住んでいたある日本人女性が、ドイツ滞在時のエピソードを話してくれました。近所の人とあいさつを交わす仲になり、少しずつドイツでの生活にも慣れてきたと思っていたころ、隣に住んでいるドイツ人から「ねえ、ひとつ聞いていい? 朝になると、あなたの部屋から変なにおいがしてくるのだけれど、あれは何のにおいなの?」と聞かれたそうです。

日本人女性に思い当たることがなく、しばらく何のことかと考え込んだそうですが、しばらくして、その女性の旦那さんが「もしかしたら、みそ汁のことなんじゃないか?」と言いました。確認をしたところ、やはり隣人はみそ汁を「変なにおい」と認識していたのです。

画像はイメージです

日本で育った人や日本に縁のある人だったら、みそ汁はどこか「ほのぼの」するものであり、「安心するにおい」だと思います。「はなちゃんのみそ汁」というテレビドラマもありました。ところが、そもそもみそ汁を知らなかったり、和食になじみがなかったりする外国人には、これが「慣れない香り」として「変なにおい」と捉えられてしまうこともあります。

「におい」に関しては、日本人と外国人との間だけで問題になっているのではありません。多文化国家のシンガポールでは、数年前に「カレー騒動」がありました。これは「隣人のインド系シンガポール人が作るカレーのにおいに耐えられない」という中国人からの訴えを受け、地域の調停センターの調停人が、隣の中国系家族が家にいないときだけカレーを調理するということで、インド系家族と合意したというケースです。

ところが、この一件が報じられると、シンガポール中で大論争を巻き起こしました。というのも、インド系住民にとって「カレーは日常」であり、それを否定されるということは自分のルーツそのものを否定されることだからです。インド系家族に連帯を示すために多くのシンガポール人が、カレーを食べるイベントに参加するなどして多文化共生を訴えました。

日本では【食べ物のにおい>香水】

話がそれましたが、「香水」に関しても結局は似たような話だと思います。日本には、香水やデオドラントなどで「甘い香り」を楽しむ習慣がないため、どうしてもこれらの香りに違和感を持ち、におい自体を「キツイ」と感じることが多いのでしょう。

私が日本に来た当時、おもしろいなと思ったことがあります。それは「おすし屋さんに行く時には、香水はつけないのがマナー」だということを知った時です。日本では「食べ物」(すし)を楽しむために、他のにおいをシャットアウトする、という発想がおもしろいと思ったのです。ヨーロッパの場合は、食事を囲む場でも香水はつけていきますので、食べ物のにおいを優先して甘い香りを控えるという発想は新鮮でした。

香水は体臭をごまかすため?

前述のみそ汁の例もそうですが、においは実にデリケートな問題だと改めて思いました。たとえば香水については、その人がつけている香りを否定してしまうと、その人が好きだと思うものを否定しているとも言えるからです。

ヨーロッパにルーツのある者として、たまに傷つくのは「ヨーロッパの人が香水をつけるのは、キツイ体臭をごまかすためでしょ」という発言です。まあ、たしかに歴史をひもとけば、そういう面は否定できないところもあります。そして、体臭を隠すためという要素は今も一部にはあるでしょう。ただ、一般的にヨーロッパの女性が香水を使うのは、「純粋にその香りが好きで楽しみたいから」という理由が圧倒的です。

ヨーロッパの空港を訪れると、そこかしこで甘い香りが漂っています。個人的に「これは無理」という香りがあるのは仕方がないことかもしれませんが、私は「これはどこのメーカーの香水なんだろう」と想像するのが好きです。

今後、日本で働く外国人が増えると、香水も含めてこうした「香り問題」がもっと噴出する可能性があります。「香害」と一方的に嫌悪感を示すのではなく、互いにある程度の「鈍感力」を身につけることが大事なのかもしれません。

【紹介したトピ】
お隣さんから「柔軟剤を使わないでほしい」と言われた
バイトで匂うと言われました

【あわせて読みたい】
サンドラがみる女の生き方
香りは最後にチューニング キノコの“絶望パスタ”
職場でウワサに…もしかして私って「足くさ女」?

サンドラ・ヘフェリン
サンドラ・ヘフェリン
コラムニスト

ドイツ・ミュンヘン出身。日本在住20年。日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「多文化共生」をテーマに執筆活動中。著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ」(ヒラマツオ共著/メディアファクトリー)、「爆笑! クールジャパン」(片桐了共著/アスコム)、「満員電車は観光地!?」「男の価値は年収より「お尻」!?ドイツ人のびっくり恋愛事情」(ともに流水りんこ共著/KKベストセラーズ)など。
「ハーフを考えよう!」http://half-sandra.com/