刀剣女子、必見!源氏代々の刀が集結する奈良・春日大社の展覧会

News&Column

「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」ポスター(左)と春日大社

源頼光が酒呑童子しゅてんどうじ退治に用いた刀と言い伝えられる国宝「童子切」など、国宝や重要文化財の刀剣が集まる「最古の日本刀の世界 安綱やすつな古伯耆こほうき展」が、12月28日から2020年3月1日まで春日大社国宝殿(奈良市)で開催されます。

平安時代に伯耆国ほうきのくに(現在の鳥取県中・西部地域)で活躍した安綱は、京都の三条宗近むねちかと並ぶ最古級の刀匠です。この展覧会は、安綱とその一門の国宝、重要文化財のほとんどを集結させるものとなります。東京国立博物館所蔵で、天下五剣の一つ「太刀 銘安綱(名物童子切安綱)」や京都・北野天満宮所蔵の至宝・重要文化財「鬼切丸」(1月26日まで展示)、河内源氏の氏神として尊祟された壺井八幡宮が所蔵する「天光丸」が展示されます。

(左)国宝「太刀 銘安綱(名物童子切)」 平安時代 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives 通期展示、(右)重要文化財「太刀 銘安綱(鬼切丸)」 平安時代 京都・北野天満宮

他にも、古伯耆の作品ではありませんが、源義経ゆかりの箱根神社所蔵の「薄緑丸」も特別出品され、源氏の有力武将に尊ばれてきた刀がそろうのが見どころの一つです。

今回展示される刀剣には素晴らしい太刀こしらえ(外装)が付いているものが多く、刀身と共に拵をあわせて展示し、日本刀の外装の変遷をたどります。拵は刀身と比べて古い作例が少なく、この展覧会は貴重な機会となります。

太刀 無銘(薄緑丸) 平安時代 神奈川・箱根神社 撮影:Spare Time Studio-中村慧

また、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に関連する「太刀 銘有成(石切丸)」「鬼切丸」「薄緑丸」が展示されるため、それぞれをモチーフにしたゲームの刀剣男士「石切丸」「髭切」「膝丸(特二)」の等身大パネルが展示されます。

奈良・春日大社での展覧会告知看板

「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」
【期間】12月28日(土)~2020年3月1日(日)
※前期:12月28日(土)~1月26日(日)/後期:2月1日(土)~3月1日(日)
【休館日】2020年1月27日(月)~1月31日(金)は休館
【場所】春日大社 国宝殿(奈良市春日野町)(0742)22-7788
【時間】10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
<年末年始特別開館>
•2019年12月31日(火)10:00~17:00、23:00~28:00(翌04:00)
•2020年1月1日(水・祝日)~1月3日(金)10:00~19:00
※入館は閉館の30分前まで
<特別開館延長>
•2020年2月3日(月)、2月8日(土)~2月14日(金)10:00~19:00 ※入館は閉館の30分前まで
【観覧料】一般1000円(前売り800円)、大学高校生600円、中小学生400円。前売りチケットは12月27日まで主要プレイガイドなどで販売。本展オリジナルグッズ付きチケットも発売中。
詳細は展覧会ホームページで。(https://kasugakatana.com