孫の写真付き年賀状はアリ?ナシ? 出す前に知っておきたいこと

News & Column

年末になると「年賀状の準備をしなきゃ!」と慌ててしまいますが、最近はメールやSNSであいさつをすませるケースが増え、年賀状の発行枚数が激減しているそうです。とはいえ、ご無沙汰している人に家族の近況を伝えたい……という思いからなのか、毎年、写真付き年賀状を出す人も少なくありません。そんな中、「年賀状に孫の写真」と題する投稿が、掲示板「発言小町」に寄せられました。

投稿主の「新米ばぁば」さんは、同世代の友1人から届く、孫の写真が載った年賀状にもやもやしています。「そりゃまあ、かわいいんだろうけど。友人の孫に興味ないし、送ってもらってもねぇ」というのが、正直な気持ち。振り返って、もし自分の子が幼いころ、義母が孫の写真付き年賀状をばらまくようなことがあったらどんな気持ちだったろうか……と想像したら「なんであなたが」と違和感でいっぱいになったそうです。

知りたいのはあなたの近況、孫じゃない

この投稿に、様々な反響が寄せられました。同じように孫の写真付き年賀状を受け取った人からは「その人の近況が知りたいのに、孫の写真だけ送られても……」「子どもの写真なら、だんだん友人に似てきたなと思えるけど、孫はちょっと」と戸惑う意見が多く、「孫は人の子、勝手なことをしない方がいい」「大事な孫は自分だけで写真を見ればいい」「いわゆる孫フィーバー」という厳しいコメントも。一方、「かわいい子どもの写真はうれしい」「たかが年賀状に何でもやもやするのか、わからない」「どんな年賀状でも送ってくれる気持ちがありがたい」という肯定派もいました。

写真はイメージです

中には送り先によって、何パターンか年賀状を作るというマメな人もいました。例えば、家族と面識のある友人には「孫も写っている家族集合写真」、夫婦だけの知り合いには「夫婦だけの旅行写真」、それ以外には当たり障りのないイラスト年賀状……。誰もがマネできることではありませんが、年賀状で一年の感謝を伝えたいという気概を感じます。

年賀状の終活宣言ってどうなの?

そもそも年賀状が面倒くさいという意見も多数ありました。年賀状のやめ方、減らし方のコツをまとめた本が出版されたり、「年賀状の終活」を宣言する人がいたり、世の中の動きも「年賀状をやめる」方向へと傾いているようです。

発言小町には、「年賀状での挨拶あいさつをやめる方への年賀状…」と題する投稿もありました。今年の初め、投稿主「ブラシ」さんに80歳前後の恩師から届いた年賀状には、「本年の年賀状を最後に、ご挨拶を控えさせて頂きます」という文面があったそう。その前年の賀状には「体調が思わしくなく大変です」と書いてあり、先生自身の病気が大きな要因と想像しているそうです。それぞれに年賀状を続けられない事情があるのかもしれませんね。

◇ ◇ ◇

令和初の年賀状の受け付けが15日から始まりました。恒例のお年玉付き年賀はがきの1等賞品は、現金30万円か電子マネー31万円分かを選べるという、画期的なものに。オリンピックの開会式か閉会式、競技観戦のペアチケット(特等)が当たる寄付金付きの年賀はがきも用意されています。発行枚数がピークだった平成15年に比べ、半減した年賀はがき。令和になって盛り返すことができるでしょうか。

子どもの頃、元日の朝は家族で年賀状を見るのが楽しみの一つでした。いつも疎遠だけど、年賀状で安否確認する親戚もいました。面倒くさいと思いつつもやめられないのは、年月が経って疎遠になりがちな人と年賀状を送り合うことで、ゆるくつながっていたいからなのでしょう。

 令和時代の年賀状、あなたにとってはどんな意味がありますか?(読売新聞メディア局編集部 後藤裕子)

【紹介したトピ】
▽年賀状に孫の写真
▽年賀状での挨拶をやめる方への年賀状…

【合わせて読みたい】
もらったら迷惑?なぜ、お歳暮といえばハムなのか
失礼な年賀状で信用を失うことも…来年に向け、住所録のアップデートを
家族写真付き年賀状にモヤモヤ 年賀状を辞退したい!