働く女性を輝かせる 令和の時を刻むレディースウォッチ5選

News&Column

クリスマスのギフトシーズン。令和時代になって最初の新年を迎えるにあたり、新しい時代を刻む時計の購入を考えている女性もいることでしょう。働く女性にとって、時計は自分のステータスであるとともに、ビジネスシーンをおしゃれに彩ってくれるものでもあります。30代の女性にふさわしく、身につける人の「気分が上がる」時計を、東京・日本橋のタカシマヤウオッチメゾンで紹介してもらいました。

同メゾンのストアバイヤー・宍戸稔さんは、「ビジネスシーンで使う場合、見やすさと同時に、ステータスを感じさせる高級感もほしいですよね。働く女性には、そこにちょっとしたかわいらしさも感じられるデザインがお勧めです」と話します。

フランク ミュラー

クオーツ、ステンレススチール、ケース25ミリ×18ミリ、70万円(税別)

「ビザン数字」といわれる独特の書体が、華やかさを与えるフランク ミュラーの時計。「ロングアイランド プティ マザー オブ パール」は、文字盤のマザー オブ パールが光の角度によって表情を変え、大人のかわいらしさを感じさせます。クロコダイルストラップは発色がよく、オンにもオフにも使い分けられそうです。

ショパール

クオーツ、ステンレススチール、ケース直径30ミリ、60万5000円(税別)

ダイヤモンドが文字盤の上を優雅に動く、1993年発表の「ハッピースポーツ」シリーズ。ショパールだけのちょっとした遊び心は、着ける人のセンスを感じさせます。シンプルですっきり見えつつも存在感があり、ビジネスシーンにもぴったりの時計です。

グランドセイコー

クオーツ、ブライトチタン(一部ピンクゴールド)、ケース直径26ミリ、49万円(税別)

「エレガンスコレクション」は、針が太めで、ケースのガラスが反射しないよう作られているので、どの角度からも時刻をしっかり見ることができます。チタン製なのでステンレススチールより軽く、キズもつきにくい。ビジネス用には“鉄板”の時計です。ダイヤを配した白蝶貝の文字盤が、清楚せいそな雰囲気に華やぎを与えています。

クレドール

クオーツ、ステンレススチール(ダイヤ入り)、ケース直径27ミリ、55万円(税別)

「ハンサム」ウーマンにぴったりなのが、黒い文字盤の「リネアルクス」です。黒い文字盤は珍しく、時刻を表すダイヤの輝きが一層ひきたちます。リューズにブルーサファイアを配し、さりげないおしゃれが光ります。シックな雰囲気のなかにきらめきもあって、スーツスタイルをクールに見せてくれることでしょう。

オメガ

クオーツ、ステンレススチール、ケース直径36ミリ、53万円(税別)

トレゾアコレクションは、スタイリッシュさとエレガンスを併せ持つ都会的なデザインです。直径は36ミリと大きめですが、薄型なので腕になじみます。ケース部分にダイヤが流線形で入っていて、リューズが花形という愛らしさ。ストラップのカラーバリエーションも豊富。サテンのブラックは合わせやすい。

さりげなく自分らしさを主張しながら、長く“一緒に働ける”時計を選びたいですね。

【あわせて読みたい】

ジュネーブで見つけた注目の新作ウォッチ

バーゼルワールド 長く愛せそうな注目の新作ウォッチたち