“最強妻”野々村友紀子さん、夫婦の問題の解決策を軽快にトーク

News&Column

大手小町のお悩み相談アドバイザーで、放送作家、情報番組のコメンテーターとして活躍する野々村友紀子さんの新刊「夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。」(産業編集センター)、「夫が知らない家事リスト」(双葉社)、と、お笑いコンビ「2丁拳銃」のボケ担当・小堀裕之さんの新刊「ヘドロパパのヨメイゲン クズ夫に放つ嫁の名言&迷言」(小学館)の発売を記念するトークショーがこのほど、東京都渋谷区の「代官山 蔦屋書店」で開かれました。

最強妻の突っ込みに、ヘドロパパ、タジタジ

左から野々村友紀子さん、夫の川谷修士さん、小堀裕之さん

元お笑い芸人の野々村さんは、小堀さんの相方・川谷修士さんを夫に持ち、膨大な量の「家事リスト」を夫に突きつける“最強妻”として人気です。バラエティー番組では、本業のお笑いより、DJやバンド活動を優先し、4人の子供がありながら、あまり家に帰らない“クズ夫”の小堀さんを、相方の妻として度々説教するといったバトルを繰り広げています。トークショーでは、多忙の野々村さんをサポートし、家事や育児に取り組んでいる夫の川谷さんもゲストとして登壇しました。

川谷さんが「みなさん、2人のケンカを見に来たんですか? 小堀が思いっきり叱られるところを見に来たんですか?」と呼びかけて会場をあおると、静かに座っている小堀さんに対し、「何もしゃべらんな、何か声を発せ!」と挑発する野々村さん。小堀さんがしゃべろうとすると、マイクがオフになっており、大爆笑が沸き起こりました。「川谷夫妻VS小堀さん」の2対1の構図になり、家事や育児に関する軽妙なトークで会場を沸かしましたが、小堀さんは発言するたびに2人からダメ出し攻撃を受け、タジタジになっていました。

妻の怒りの名言を書籍化

家事や育児に関する著書を多数出版している野々村さんに対し、家庭を顧みずに好き放題の小堀さんは今回、妻が放った「怒りの名言」を集めたエッセーを出版しました。野々村さんに「どういうことでしょう。小堀君が本を出す時代ですよ。立派な出版社の小学館ですよ! どうしたの?」と激しく突っ込まれると、「すみません。(小学館から出版されている)ドラえもんに並んでしまいました」とボケたものの、「めっちゃすべった」と小堀さん。

バラエティー番組などで「弾き語るな!」「夜中にCDをつけたり消したりするな!」と小堀さんを説教するシーンが映されると、野々村さんは「顔が少し似ているせいで、小堀の嫁と間違われるのが一番腹立つねん! 私が似ているのはシルベスター・スタローンや! イタリア系や!」と笑わせました。それに対し、「(元ビートルズのポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンに似ているといわれるので)俺はイギリス系や。同じヨーロッパ系や」と、またもボケる小堀さん。

211項目の家事リストに小堀さん、唖然

日ごろから、「タンスの引き出しは開けたら閉めない」「トイレットペーパーがなくなっても交換しない」「靴下は脱ぎっぱなしで、よく片方がなくなる」「家事は全くしない」という小堀さん。一方、野々村さんは、「ウィキペディアで『家事』を検索したら、炊事、洗濯、子育て、買い物と4項目しかなかった。アホか、そんなわけあるかい!?」と怒り、家事リストを作ったといいます。

最初は148項目でしたが、日々更新され、今では211項目になったという「家事リスト」の一覧をスクリーンに映しながら、野々村さんが「朝は子供を起こすところから始まり、戦場」「子供のゲームのコードをほぐす」「ラップはちゃんとふたを閉めてから切る」「洗剤を詰め替える」「靴下のしつこい汚れはウタマロ石けんで洗う」などと詳しく説明すると、「なんやウタマロ石けんって。コードをほぐすって、そんなんも家事かぁ!?」と、小堀さんは唖然あぜんとした表情。

野々村さんが「『家事に育児に、主婦がやることはこんなにあんねんで』というのをリストにしました。夫に家事を手伝ってといっても、漠然として何をやったらいいのか分からない。やってくれても、こっちが思うようにやってくれないので、逆にそれがストレスになった。修士君は、家事リストを渡した当初は『えーっ!?』ってなって、8個ぐらいしかできなかったけど、だんだんとやってくれるようになった。このリストを作ってからは、修士君は先回りしてやってくれるようになった。その後は家事に関するいざこざは減った」と説明すると、会場の女性らは大きくうなずいていました。

反抗期の息子の対処法は?

イベントが行われた、代官山 蔦屋書店

トークショー後のQ&Aコーナーでは、来場者からの質問に答えました。「反抗期の息子が窓ガラスを割りました。どうしたらいいですか?」という女性からの質問に、野々村さんは「うちの娘も最近、『反抗期に入りました!』と宣言しました。男の子の場合は何も言わんと放っておいたらいい。暴れたりしたら、室内犬を抱いて『お兄ちゃん、どうしたんやろ? おお、こわっ……』って言って(笑)、立ち去る」とユニークなアドバイス。質問者と一緒にいた息子に「何でガラス割ったんや? 何があったん? ダメやでぇ~!」と諭す場面もありました。

イベント後のサイン会の模様

また、「夫が手伝ってくれるけど、やり直さなければならず、イラッとする。どうすればいい?」という質問には、「本に詳しく書いているから読んで」と笑わせていました。

イベント後、最近結婚したばかりという川崎市の30代の女性は、「やってほしいことを具体的に説明すれば、夫に家事を手伝ってもらえると思うので、家事リストを見せようと思います」と語っていました。

(取材/撮影、メディア局編集部・遠山留美)

【あわせて読みたい】
年の離れた妹がいる夫。実家への経済的、精神的援助をやめてほしい
元彼が盗んだ500円玉貯金を返してほしい 泣き寝入りしかない?
シングルマザーとの浮気を「もう過去のこと……」と開き直る夫が許せない

【野々村友紀子さんインタビュー】
お悩みアドバイザーに野々村友紀子さん 芸人から人気放送作家に…多忙妻の子育て、夫育て
野々村友紀子さん 芸人夫に恐怖の「家事リスト」突きつける完璧妻