男女混浴サウナで「整う」ドイツの不思議な「裸」感覚

サンドラがみる女の生き方

サウナブームのニッポン。サウナが舞台のテレビドラマやマンガが相次いで登場し、7月からは、サウナ好きの主人公が全国のサウナ施設を巡るドラマ「サ道」(テレビ東京系)が放送されて話題になっています。今回は、サウナにスポットを当てると同時に、サウナを通して見えてくるニッポンと海外の「裸」に関する感覚の違いを紹介したいと思います。

汗を滴らせるスッポンポンの男女

筆者の母国ドイツでも昔からサウナは人気です。健康ランドやプールには必ずといっていいほどサウナがあります。ニッポンと同じく、スポーツジムで汗を流した後にサウナを楽しむ人もいます。寒い季節が長いドイツでは、「サウナで汗をかく」ことを習慣にしている人が少なくありません。

このようにサウナ文化が根付いているドイツですが、日本人から「ドイツのサウナに行ってビックリ仰天した」という声をよく聞きます。数年前、ドイツに赴任した知人の日本人女性A子さんは、現地のジムに入会しました。運動をした後にさっそくサウナに入ろうとドアを開いたところ、目の前に広がる見慣れぬ光景に目を丸くしたそうです。

サウナの中に、女性だけでなく男性の姿があったのです。しかも、水着姿でもなければ、タオルで覆い隠すこともなく、いわゆるスッポンポンの状態。男女一緒に汗を滴らせていたのです。A子さんは驚きのあまり、その日はサウナに入るのを断念し、そのまま帰宅しました。そして、筆者を含む複数のドイツ人に「今日、サウナに行ったら、男性がいたのだけれど、これは普通なの?」と聞いて回っていました。

画像はイメージです

みんなの視線がアンダーヘアに集まる

結論からいうと、ドイツでは「サウナは男女混浴が一般的」です。そのことを知ったA子さんは、覚悟を決め、後日、ジムの混浴サウナに再トライしたのだとか。最初は恥ずかしかったそうですが、周囲が堂々として爽やかだったため、A子さんはサウナに男性がいることが気にならなくなったそうです。

確かに、ドイツのサウナではみんな周囲の人をあまり気にしません。そもそも、それぞれ「汗をかくこと」に集中していますから、性別なんてお構いなく、開放的な雰囲気です。

ところが、A子さんの話には後日談があります。すっかり混浴サウナに慣れたA子さんはある日、同じ会社で働く日本人男性とサウナ内でバッタリ会ってしまったのだとか。その時は互いにあいさつはしたものの、会社で顔を合わせるたびに気恥ずかしい思いをするのだといいます。A子さんは「サウナに男性がいても気にしなくなったのに、日本人の男性と遭遇したら恥ずかしいなんて不思議よね」と苦笑いしていました。

ところで、スッポンポンの異性が隣にいても気に留めないドイツ人が、サウナで気になることがあります。ここ数年、ドイツでは男女問わず、アンダーヘアを完全に脱毛してツルツルにしている人が多くいます。特に、サウナ利用者にその傾向は強く、サウナで多数派は「毛がない」人たちです。先ほど「周囲の人をあまり気にしません」と書いたのと矛盾するようですが、ドイツでサウナを利用するなら、脱毛をしておいたほうが「注目を浴びずに済む」でしょう。もちろん、脱毛をしないままサウナを利用してもかまいませんが、もしかすると「一瞬だけみんなの視線を浴びる」ことになってしまうかもしれません。

画像はイメージです

「裸」に関する感覚の違い

ヨーロッパでは混浴サウナも少なくないですが、なかでも「あけっぴろげ」で有名なのがドイツのサウナです。なぜ、ドイツ人は男女混浴のサウナで平気なのでしょうか。ドイツはFKK(Freikörperkultur)と呼ばれる「裸体主義」(ヌーディズム)なるものが19世紀から今日に至るまで盛んです。そのため、「公の場であっても日焼けは全裸でしたい」と考える人が多く、人前で裸になることに対するハードルが低いのです。

猛暑日が続いた今夏、「裸」を巡ってドイツである“事件”が起こりました。ミュンヘンのイザール川の川岸で、トップレスで日焼けを楽しんでいた女性に警備員が「ビキニトップを着用するように」と命じたところ、これが大騒動に発展したのです。

警備員に注意された女性との連帯感を示すため、ビキニ姿で日焼けをしていた周囲の女性たちが、次々とブラジャーを外しました。そればかりか、後日、ミュンヘンの議会で「男性は公の場でもトップレスで日焼けができるのに、女性にそれが認められていないのはおかしい」と議題に上がったのです。その結果、「性別に関係なく男女とも性器を覆っていればよい」というふうに規定が見直され、事実上「女性のトップレスでの日焼けはオッケー」となりました。

画像はイメージです

このようなエピソードを紹介すると、「ドイツ人はとにかく裸にオープン」と思われるかもしれません。ところが、以前、ドイツ人女性をニッポンの温泉に誘ったところ、「知らない人と一緒に裸で温泉に入るのは嫌だ」と言われてしまいました。「混浴サウナで裸は平気なのにどうして?」と聞いたところ、「裸でお湯につかるのはまた違う」と反論されてしまいました。ドイツの温泉は水着を着用して入ります。知らない人と全裸でお湯につかることには慣れておらず、抵抗があるのだと思われます。この一例をみても、裸に関して一概にこうだとは言い切れないところに、国際交流の奥深さがあるのかもしれません。

ドイツのサウナは「アウフグース」で整う

ドイツのサウナといえば、なんといっても、Aufguss(アウフグース)が気持ちいいです。これはスタッフが1~2時間に一度、ストーブに水をかけて蒸気を発生させ、タオルを振り回し、サウナに入っている人へ熱風が行き届くようにするものです。

アウフグースの上手な人は「タオルを上から下に素早く振り回すことで、ピンポイントで客に熱風を送る」ことができます。これにはかなりのテクニックが必要で、ドイツにはアウフグースのパフォーマンスを競う選手権があるほどです。

ドイツのサウナに入る際の注意点としては、自分の汗がサウナの床板につかないようにすることです。もちろん日本も同じなのですが、ドイツはさらにこのマナーに厳しいので、座面はもちろん、足の下にもタオルを敷きます。ダラダラと大量の汗を床板に滴らせてしまわないように、タオルは余分に持参したほうが安心です。

なにはともあれ、ドイツであれニッポンであれ、サウナから出るとなんだかスッキリと生き返った気分になります。最近では、この感覚をサウナで「整う」と言うそうです。デスクワークの合間にまた行きたくなってしまいました。

サンドラ・ヘフェリン
サンドラ・ヘフェリン
コラムニスト

ドイツ・ミュンヘン出身。日本在住20年。日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「多文化共生」をテーマに執筆活動中。著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ」(ヒラマツオ共著/メディアファクトリー)、「爆笑! クールジャパン」(片桐了共著/アスコム)、「満員電車は観光地!?」「男の価値は年収より「お尻」!?ドイツ人のびっくり恋愛事情」(ともに流水りんこ共著/KKベストセラーズ)など。
 「ハーフを考えよう!」http://half-sandra.com/