夏の下着問題…薄着だから透けても仕方ない?

News&Column

 気温がぐんぐん上昇し、オフィス街でも軽やかな服装の女性を目にするようになりました。気になるのが、ブラウスから下着が透けて見えたり、ノースリーブから肩ひもがのぞいていたり、胸元からレースがチラリなんてことも。最近では、あえて下着を見せるファッションもあるというし、男性からは「ちょっとお嬢さん、下着が見えていますよ」とは声をかけづらいもの。夏の下着問題、職場では、波風の立たない解決法を探りたいという同僚の声もあるようです。

透け下着は「迷惑行為」

 読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、毎年この時期、下着についての投稿があります。職場に季節を問わず黒の下着(上下)を透けさせている女性がいるというトピ主の「空」さんからの投稿がありました。

 「この女性、お客様が来社する時には一段と派手に、ブラジャーの色・柄・形まで遠目からでも鮮明に分かる洋服で社外の人間に対応している気がします」と言います。

 「空」さんは、この女性の服装がだらしないと不快感を持っており、社内外から苦情もあるそうです。ただ、セクシュアルハラスメントだと大騒ぎになることが目に見えているため、相談した上司も注意しかねているようです。

画像はイメージです

 このトピに対し、この女性を非難する投稿が相次ぎました。

 「初夏」さんは、「いくら服装が自由、おしゃれが自由と言っても、自由をはき違えてはいけないですよね。周囲の目を気にしすぎるのもおかしいけど、全く気にしない人も困りますね」と同調します。

 「あなたのしていることは迷惑行為です。職場にそぐわない服装はやめなさい」とキッパリと注意喚起を勧める「チョリソー」さんは、規則を設けた例も紹介しています。「とある職場の話ですが、そこは若い男性が多く、女性は少ない場所。夏場はどうしても下着が透けがち。黒に限らず、色がついている下着は服によっては目立ち、男性社員の気が散るので、職務中は全員ベージュの下着をつけるようにという規則ができたそうです」とのこと。

ブラジャーのちら見え「残念」

 女性の下着について、男性はどのように思っているのでしょう?

 女性用下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京都中央区)は4月、10代以上の男性を対象(有効回答数112人)に「女性の下着」に関するアンケートを実施。「好きな女性の下着の色は?」の質問に、「黒」(38.4%)がダントツの1位。続く、「紺」(12.5%)、「ピンク」(11.6%)や「白」(10.7%)を大きく上回りました。

 「洋服の上から女性のブラジャーのラインや模様が気になることがありますか?」との質問には、「とても気になる」と「やや気になる」をあわせて、79.5%が「気になる」と回答。気になった内容は、「ブラジャーの色や柄が透けている」「ブラジャーの肩ひもが見える」「背中の肉がのっている」など。男性からは、「目のやり場に困る」「残念と思う」などの感想もありました。

気をつけたい三つのポイント

 トリンプの広報担当、河村麻美さんは「服の上から下着が透けたり、肩ひもが見えたりするのは、洋服のきれいな着こなしを邪魔してしまいます」と話します。最近では、ストラップにレースをあしらったり、胸元に装飾をほどこしたりするブラジャーもあり、パーティーシーンなどで華やかさを演出するために、あえて下着を見せるファッションもあるそうです。

 ただ、「オフィスなどで周囲が下着に目がいってしまうような着こなしをしては、だらしない人という印象を持たれかねません」と指摘します。下着が見えたり、透けたりしないために、河村さんは、着用するときに気をつけたいポイントを三つアドバイスします。

【1】色

 肌に近い色を選ぶと透けにくくなります。おすすめは、ベージュ、グレー、ラベンダーなどです。意外にも白は、明るすぎるために透けて見えます。

【2】サイズ

 大きすぎるサイズは、下着が体から浮いてしまい、ストラップがずれたり、色や柄が洋服に響きやすくなったりします。一方、小さすぎるサイズは、背中の肉などがストラップに食い込むおそれがあります。通販で購入する人も増え、サイズに無頓着になっている傾向があります。靴やメガネを選ぶときと同様に、きちんと試着をして、自分にあった下着を選ぶようにしましょう。

下着の上にシームレスのインナーを着ると透けにくくなる(トリンプ提供)

【3】インナーの活用

 下着の上に1枚インナーを重ねると、透け防止になります。生地の端を切りっぱなしにしたフラットなシームレスタイプなら、洋服に響きにくくおすすめです。

 働く女性にとって、仕事のシーンに見合った装いも大切です。職場では、男性、女性に限らず、透けて見える下着を不快に思う人もいることを頭の隅に置いて、エチケット違反にならないようにしたいものですね。(メディア局編集部・鈴木幸大)

【紹介したトピ】
職場での見せ下着・透け下着

【あわせて読みたい】
下着の上下そろえる手間を省くための「自分を許す勇気」
ストッキングは女性としてのマナー!?海外では
産婦人科医・宋美玄さんがすすめる「ふたりの妊活」
お気に入りの美容院をフェードアウトしたくなる意外な理由