有名ブランド ノートルダム大聖堂の再建に多額の寄付

News&Column

15日、パリ中心部で、煙を上げるノートルダム大聖堂を見つめる人々(ロイター)

 世界遺産であり、フランスを代表する観光名所・ノートルダム大聖堂の火災という悲しいニュースが、世界中を駆け巡りました。そうしたなか、フランスの有名ブランドなどが、相次いで再建のための寄付を申し出ています。

 高級ブランドを傘下に持つLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループとアルノー家は、2億ユーロ(約253億円)を寄付すると表明しました。加えて、長期にわたる再建と資金調達について、建築や金融などの専門家らを含め全面的に政府や関係者に協力するとしています。

View this post on Instagram

🇫🇷 Mobilisation de la famille Arnault et du groupe LVMH pour Notre-Dame « La famille Arnault et le groupe LVMH, solidaires de cette tragédie nationale, s’associent à la reconstruction de cette extraordinaire cathédrale, symbole de la France, de son patrimoine et de son unité. Ils feront un don d’une somme globale de 200 millions d’euros au fonds dédié à la reconstruction de cette œuvre architecturale, qui fait partie de l’Histoire de France. D’ici là, le groupe LVMH met à la disposition de l’Etat et des instances concernées toutes ses équipes, créatives, architecturales, financières, pour aider au long travail de reconstruction d’une part, et de collecte de fonds d’autre part, qui s’annonce. » _ 🇬🇧 Commitment by the Arnault Family and LVMH Group for Notre-Dame de Paris The Arnault family and the LVMH Group, in solidarity with this national tragedy, are committed to assist with the reconstruction of this extraordinary cathedral, symbol of France, its heritage and its unity. They will donate a total sum of 200 million euros to the fund dedicated to the reconstruction of this architectural work, which is a core part of the French History. In the meantime, the LVMH Group puts at the disposal of the State and the relevant authorities all its teams – including creative, architectural and financial specialists – to help with the long work of reconstruction and fundraising, which is already in progress. _ Credit: Gpesenti, CC BY-SA 3.0 / Picture cropped and turned in N&B _ #notredame #paris #lvmh

LVMHさん(@lvmh)がシェアした投稿 –

 化粧品大手ロレアルと創業家のベタンクール・マイヤーズ家も、1億ユーロ(約126億円)を寄付すると発表しました。関連のベタンクール・シューラー財団からも1億ユーロの寄付をするそうです。

 グッチなどを持つケリングの会長兼CEOのフランソワ・アンリ・ピノ-氏は、一族の経営する投資会社を通じて1億ユーロを寄付すると表明しました。ピノー氏は、「今回の悲劇的な出来事は、フランスの全国民、並びにノートルダム大聖堂を精神的な支柱とする全ての人々に大きな打撃を与えました。人々は速やかに珠玉の文化遺産に再び命が宿ることを願っています」とのコメントを発表しました。

 多額の寄付によって再建のスピードが上がり、一日でも早く元の美しい姿が見られることを、多くの人々が願っていることでしょう。