襟汚れは自宅で落とせる? 専門家に聞いてみた

News&Column

 汗ばむ季節が近づきました。おしゃれの大敵、襟汚れに悩む人は少なくないようです。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」にも、自宅でできる対策を教えてほしいという女性からの投稿がありました。なぜ襟汚れはできてしまうのか。そのメカニズムと対策を専門家に聞いてみました。

気になるジャケットの襟汚れ

 トピ主の「orange」さんは、仕事上ジャケットを着る機会が多い女性。脂性のせいか、ジャケットの襟部分が汚れてしまうので、春秋冬は紺など濃い色のジャケットを着ることで何とかごまかしているものの、夏に薄い色のジャケットを着る場合が一番困るそうです。

 「汚れ落としは、ベンジン、撥水はっすいスプレーなどいろいろ試しましたが、決め手がありません。シャツやブラウスを中に着るものの、首の詰まっているものは苦手、スカーフを巻いてみたならば今度はスカーフが汚れてしまう始末。襟汚れを独自の工夫で克服した方、アドバイスをください」と呼びかけました。

汚れ落としの知恵 あれこれ

 この投稿に対し、様々な意見が寄せられました。

 「気に入っている服をなるべく汚さないために気をつけています」という「カラー」さんは、「1 襟を汚すのは自分の首ですから、日中ウェットティッシュでこまめに拭きます。香りやよごれとり成分がないもので大丈夫。 2 服の襟汚れは、台所洗剤が良く落ちます。襟に数滴垂らして、軽くもみ洗い。すぐに流して乾かす。服全体を洗う必要のないジャケットやブラウスは、そうしています」とコメントしました。

写真はイメージです

 「カラー」さんの場合は、自分の服だけではありません。「主人や息子の襟汚れは、蓄積して茶色くならないように、毎日、下洗い後、洗濯機へ。落ちにくいときは、古い歯ブラシで軽くこすります」。

 「まちこ」さんからは、「私も汚れます。だから洗えないものは極力着ません。襟や袖回りだけだから チャチャっと洗ってしまう時もあります。洗濯洗剤じゃなくて、茶碗を洗う台所の液体洗剤とかです。少しつけて、もんですすぎます」という実践例が寄せられました。

襟汚れの正体は 皮脂の酸化

 日用品大手「花王」のファブリックケア事業部で開発リーダーを務める石井陽子さんに襟汚れができるメカニズムと、家庭で落とす方法を聞きました。

 「襟汚れで、一番大切なのは、時間を置かずになるべく早めに落とすことです」と、石井さんは話します。

おしゃれ着を洗うコツを教えてくれた石井さん

 石井さんによると、汗に含まれている皮脂は、付着したばかりのときは透明ですが、付着したまま時間がたってしまうと、水をはじく性質を持つようになります。そして、繊維の奥に汚れが染み込んで固まると、なかなか落ちなくなってしまうのだそうです。また、奥に染み込んだ皮脂汚れを数か月以上放置しておくと、黄ばみに変わる――それが襟汚れのメカニズムといいます。

 「だから、衣類は1日着たら、その都度洗うのが理想的です。ジャケットではなかなか難しいことですが、最近は(家庭で洗える)ウォッシャブルのものも増えているので、あまり襟汚れが目立っていないときでも、頻繁に洗うようにしてほしいと思います。歯ブラシや台所用洗剤など、洗濯用途以外のものを使うことはおすすめできません」と石井さん。

 洗う前に必ず確認しておきたいのは、家庭で洗える製品かどうかということ。タグに記載された「洗濯表示」を見て、「桶」のマークに「×」が付いていないことを確認してほしいと言います。

汚れに原液を直接つけるだけ

 襟部分を洗うコツとして、石井さんが挙げるのは、洗う前に、おしゃれ着用洗剤の原液を汚れている部分に直接つけて、指で優しく押すこと。そして、あまり時間を置かずに、そのまま、洗濯機のドライコースでの洗濯や手洗いをします。

 「ジャケットの場合は、衣類の傷みや形崩れにつながるため、つまみ洗いをしたり、つけ置き洗いをしたりする必要はありません。おしゃれ着用洗剤は、繊維に浸透しやすい成分を使っているので、力を込めなくても大丈夫。十分きれいになります」と、石井さん。

 手洗いする場合は、お湯だと縮む繊維もあるため、水温30度以下で、衣類を両手で押すように、優しく「沈める」「浮かせる」という動作を20~30回繰り返すとよいそうです。

 洗濯機を使う場合は、形崩れを防ぐために、服は裏返して畳んで洗濯用ネットに入れるのがコツ。洗濯機によっては、「ドライコース」「おしゃれ着コース」や「ソフト洗いコース」など、表現が違うので、それぞれの機種の取り扱い説明書に従ってほしいそうです。

写真はイメージです

 くしゃくしゃの形状が付くのを防ぐために、洗濯後はすぐ干します。「汚れが頑固で落ちない時は、液体の酸素系漂白剤を一緒に使っても良いです。その場合も、衣類の取り扱い表示を見て、酸素系漂白剤が使えることを確認しましょう。色落ちせずに、汚れた部分だけ漂白することができます」と石井さん。

 Yシャツの襟汚れが気になる人も多いはず。Yシャツも、洗濯前のプレケアが重要です。襟部分をぬるま湯につけて湿らせた後、(1)~(4)のいずれかを行います。

(1)液体タイプの洗濯用洗剤を直接塗る。
(2)部分用の洗濯用洗剤をスプレーする。
(3)液体タイプの酸素系の衣料用漂白剤を、汚れ部分に十分しみこむ程度に塗りこむ。
(4)粉末タイプの酵素系の衣料用漂白剤でつけ置きする。

 プレケアの後は、時間をおかずに洗濯機の通常コースで洗えばよいそうです。

汚れる前の予防策も

 投稿の中には、汚れる前の予防策もありました。「シルク素材のネックカバーはいかがですか。毎日のお洗濯も簡単ですし、顔回りのフォーカスポイントになります」(「お洒落しゃれしたい子」さん)。「襟の内側に貼る不織布の汚れ防止テープというのがあるそうですが、お試し済みでしょうか」(「クッキー」さん)。ほかにも、胸元にボタンがないスキッパータイプのシャツやベビーパウダーを首のところにたたく、などのアイデアも寄せられました。

 みなさん、襟汚れには悩んでいる様子。お気に入りのジャケットはきれいなまま、長く着続けたいですよね。頻繁な洗濯と予防策で、これからの時期を乗り切りましょう。

(読売新聞メディア局編集部・安藤光里)

【紹介トピはこちら】

衿汚れの悩み、私だけですか?