「無印」ホテルに泊まってみた! 銀座で「日常の暮らし」を楽しむ

News&Column

4日にオープンする「MUJI HOTEL GINZA」のフロント。奥は、ギャラリーやサロン空間である「ATELIER MUJI GINZA」

 生活雑貨店「無印良品」の世界旗艦店となる「無印良品 銀座」と、併設ホテル「MUJI HOTEL GINZA」が4日、東京・銀座にオープンします。オープンに先立って、ホテルに試泊する機会がありました。国内外の観光客、買い物客らでにぎわう銀座に誕生した新スポット。そこには、日常を楽しくする様々な工夫がありました。(読売新聞メディア局編集部・永原香代子) 

室内備品のほとんどが「無印」の商品

 「無印良品 銀座」と「MUJI HOTEL GINZA」は、東京メトロ銀座駅から徒歩3分の銀座3丁目の一角にあります。

 ホテルの客室は、複合ビルの7階から10階まで計79室。この日は、9タイプある部屋のうち、8タイプを見せてもらいました。

 「MUJI HOTEL GINZA」のコンセプトは、「アンチゴージャス、アンチチープ」。「MUJI HOTEL」のホームページにも「高額で過剰なサービスも、質を削りすぎた殺風景な客室もありません」という言葉があります。

廊下は落ち着く色調。部屋番号も見やすく、季節に合わせて桜の花が飾られています

 部屋ナンバーが明るく光る廊下を通って、各部屋へ。どれにも共通しているのは、落ち着いた雰囲気を醸し出す壁の布クロスと、床の無垢むくのオーク材です。左官職人が手掛けた塗り壁も多く見かけました。

最も多いCタイプの部屋は、2人まで利用可能。テレビをベッドの方に向けることもできます

 机、イスなどの調度品からスリッパやタオルまで、部屋にある備品のほとんどが、無印良品を展開する良品計画(本社・東京)が開発したグッズなのだそう。室内がスッキリ見えるように、カップや皿などがきっちり収まる特注家具が設置されています。

窓側から撮影したCタイプの部屋。クローゼットを開けて撮影しました。懐中電灯、コーヒーメーカー、アロマディフューザー、タブレット端末などが用意されています

 チェックインの際、フロントの女性から「ラベンダーの香りがお好きですか、それともグレープフルーツの香りがお好きですか」と聞かれました。迷わず「グレープフルーツ」と答えると、小さなアロマオイルの小瓶が渡されました。部屋に備え付けたアロマディフューザーを使って、香りを楽しむことができるのです。

 同時に、「こちらは『お守り袋』です。警笛代わりになる笛と地図などが入っていますので、ぜひお持ち帰りください」と小さな袋を渡されました。部屋で袋を開けてみると、地図の裏には、英語と中国語、日本語で「体の調子が悪いです」「飲み物がほしいです」など、困ったときの表現がイラスト付きで掲載されていました。日本語のわからない外国人客でも、イラストを指させば、言いたいことが日本人に伝えられるというわけです。こうしたところにも、宿泊客が快適な旅をするための配慮が感じられます。

カップや皿などが収納できるようにした引き出し

 記者が泊まったのは、79部屋のうちで44部屋と最も多いCタイプの部屋。広さは25平方メートルで、間口は狭いものの、奥の窓際にダブルベッドが配置され、ソファー、テレビが整然と並んでいて、とても居心地が良い空間です。部屋に入ると、木の香りがしました。床材にはところどころフシがありますが、それも木の風合いだと思うと、あまり違和感はありません。家だったら裸足で歩き回っているのになあ、と思ったら、白いふかふかのスリッパが用意されていたので、早速、靴から履き替えてみました。

 部屋の空調や照明の調節、遮光カーテンの開閉、フロントへの連絡や無料Wi-Fiの利用などはすべて、部屋のタブレット端末で操作できるようになっています。デスクの上には、コーヒーメーカーの使い方を書いたメモがありました。その通りに、コーヒーメーカーに水を入れて、コーヒーのドリップ部分に専用パックを入れて待つこと少々。苦みとうまみの入り混じった本格的なコーヒーを味わうことができました。

部屋に備え付けられたコーヒーメーカー。無印良品のオーガニックコーヒーのカセット(下)を入れてコーヒーを抽出します

 浴室は、バスタブのないシャワーブース。ガラス張りで、トイレから丸見えになるのがちょっと気になるし、毎日、湯船につかっているのに、ホテルのシャワーだけでは味気ないと思っていました。ところが、ここに備え付けてあるのは、天井に付けられたシャワーと、手元のシャワーを切り替えられるタイプで、天井のシャワーヘッドは直径20センチはある大型のもの。

Cタイプの部屋のシャワーブース。天井から落ちるシャワーが心地よく、快適でした

 いざ入ってみると、頭上から落ちてくる温かいシャワーの心地よさに、身も心もとろけるようでした。シャワーを浴び終わって、ふかふかのバスマットの上で、厚手のオーガニックコットンのタオルで全身を拭くと、スッキリした気分になりました。

 一段高くなった無垢の床にあるベッドは、ちょうど良い硬さ。ベッドから少しはみ出しても、床までの段差がほとんどないので安心です。ふんわかした軽い掛け布団にくるまれて、気が付くとぐっすり眠りに落ちていました。

朝のビュッフェで和食を堪能

 翌日、朝食はビュッフェ方式。6階フロント前のレストラン「WA」で、宿泊客を対象に1800円(税込み)で提供されます。釜で炊き上げた飛騨高山産のコシヒカリのご飯に、三元豚の角煮、はも団子の煮物、山芋のしょうゆ漬けなどを取り分けて食べることができます。「豊かな日本の風土を、食を通してお楽しみいただければ」と料理長の太田健太郎さん。昼食や夕食で有料で提供されているお茶やコーヒー、ジュースも、朝のビュッフェで味わうことができるので、お得かもしれません。

朝食は6階のレストラン「WA」で。さまざまな料理がビュッフェ形式で楽しめます
数々の料理の中から、栄養バランスや今日の気分で食べたいものを考えながら選んだ朝食

 朝食を除いた合計料金は、2万9900円(サービス料・消費税込み)。この部屋の場合は、1人で泊まっても2人で泊まっても同じ料金です。

 他のタイプの部屋の場合は、追加料金で一人5000円ずつ加算していく仕組みです。一番値段の高い部屋は、5万5900円(同)。この部屋に大人3人が泊まる場合は、プラス5000円の6万900円、4人の場合は、6万5900円になります。このタイプの部屋が1部屋しかないこともあって、9月末まで予約でいっぱいだそうです。

 空き室状況や料金はホテルのホームページで公開し、予約を受け付けています。宿泊する曜日やハイシーズンか否かによって料金が変動するホテルが多い中で、各部屋の料金は、年中均一です。

歯ブラシ・綿棒・コットン・髭剃り・ヘアブラシ・化粧水などアメニティーグッズも充実

 ホテルを運営しているUDS経営企画部コミュニケーション・デザインチームのゼネラルマネージャー、八反雅代さんは「北京にある『MUJI HOTEL BEIJING』でも、お泊まりになった方が『ベッドマットが気に入った』と言って、その日のうちに無印良品で購入して帰られることもあります。無印良品を楽しんでいただけるきっかけになれば」と話していました。

 多くの人にとってホテルは「非日常」の体験のはずなのに、「MUJI HOTEL GINZA」では、「ふかふかのタオルに替えてみようかな」「コーヒーやお茶のいれ方を工夫しようかな」といったように、日常生活のヒントをたくさんもらえた気がしました。

充実の食品フロア

 マスコミ関係者向けに「無印良品 銀座」の内覧会も4月2日に行われました。「無印良品 銀座」では、1階から地上6階まで、すべてのフロアに無印良品の約7000品目のアイテムをそろえているそうです。

1階食品フロアは、「無印良品」が開発した菓子や弁当などのコーナーもあって、まるで市場のような雰囲気
1階の食品フロア「ブレンドティー工房」で、試飲を行っていました

 1階は食品フロア。焼きたてパンや弁当、新鮮野菜のコーナーなどがあります。「ブレンドティー工房」では試飲もできて、「甘夏緑茶はいかがですか」と声をかけられました。試飲してみると、有機緑茶にレモンピールなどを配合していて、すっきりした味わいでした。ここでは他にも、紅茶、ルイボスティーなど様々な種類を提供しています。

イチゴを試食して元気を補充(1階食品フロアで)

 埼玉県産のイチゴ「あまりん」も試食しました。「イチゴの旬は4月です。甘酸っぱい春らしい本当の旬の味を召し上がってください」という手書きの看板が掲げられていました。ただ、商品を陳列しているだけではなく、新鮮な味を食卓に届けたいという心意気を感じます。ほかにも、糠床ぬかどこがあったり、春野菜の「のらぼう菜(菜の花の一種)」があったり。季節に合わせて、食生活を豊かにするような提案が随所に見られました。

地下1階の食堂では、一番目立つところに産地直送の魚が置かれていました

 地下1階は、食堂「MUJI Diner」です。店先で魚たちが氷の上に置かれていて、とても目を引きます。神奈川県の小田原漁港から毎朝直送しているのだそう。焼き魚定食は、ご飯・味噌みそ汁・漬物などとセットで850円(税込み)。ほかにも、客の目の前にある調理場で作る沖縄の「ゆし豆腐」など、珍しいメニューもあります。

地下1階の食堂「MUJI Diner」では、レンガ造りの壁に囲まれた席で、料理を楽しめます

 2階は衣類、バッグ、靴売り場。3階は靴下、文房具、旅行用品売り場。4階はキッチン用品や子供服で、5階はベッドルームや照明、収納用品などを扱っています。6階には、ホテルフロントのほかに、ギャラリーやサロン空間である「ATELIER MUJI GINZA」があり、こけら落としとして、デザインに関する展覧会「栗の木プロジェクト」が7月まで開かれます。

デザイン文化の発信を担う6階の「ATELIER MUJI GINZA」では、「栗の木プロジェクト」が開かれています