図書館の蔵書に汚れやシワ、そのまま借りたら“犯人”扱い!?

News&Column

画像はイメージです

 図書館を利用する人は増えていますが、一方で、蔵書のページを破ってしまったり、汚れたままにしたりするケースもあるようです。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、本を借りた図書館から「この汚れについて、心当たりはありませんか」と問い合わせを受けたという投稿がありました。“犯人”扱いされる前に、何かできることはあるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

疑われたことがショック

 トピ主の「春樹」さんは、ある日、公民館の中にある図書室で、小説の上下巻を借りました。借りたときから、上巻のほうが全体的にシワシワな状態でしたが、読む分には問題なく、読み終わって図書館の夜間ポストに返却したそうです。ところが、翌日、図書館から「本がれて渇いた様な状態でしたが、どうされました?」と電話がかかってきました。

 ありのままに事情を説明すると、電話の相手からは「そうですか、本来その様な状態の本を貸出しに出す事はないのですが、分かりました」と言われたそう。「公民館のスタッフと図書館のスタッフとは、本が貸出し出来る状態であるかの判断に相違があるのだろうと予想されますが、疑われたことがショックです」とつづります。

事前チェックで自己防衛を

 この投稿に、同じような経験をしたという人から体験談が寄せられました。
 「まい」さんの場合は、本を借りた直後に、ひどい落書きに気づいたそうですが、そのまま返却したところ、後日、図書館から電話があり、「図書館側では把握していない落書きだ」と言われたそうです。ボールペンの落書きで、インクの感じがだいぶ古かったことなどは告げましたが、「図書館側のチェックミスを利用者のせいにされたことはかなり不快」と言います。

 「まい」さんは、その後、図書館で本を借りる際は、すべてのページを確認して、少しでも不備があると、受付に確認を求めるそう。“自己防衛”が欠かせないということでしょうか。

 本を借りる前に、汚れや破損がないかチェックするという慎重な人はあまりいないかもしれません。

 「ゆうちゃん」さんの場合も、家に持ち帰って読書をしているときに、しょう油のようなシミに気づき、水分でシワシワになったページを見つけたそうです。返却後、図書館から「◯◯ページが、こちらが最後に見た状態とは違うんですが、お心当たりありますか?」と電話があったそうです。

汚破損本、図書館の対応は?

 図書館では、汚れたり、壊れたりしている本のことを「汚破損本」や「毀損きそん本」と呼ぶそうです。

 千葉県市川市立中央図書館では、2006年6月から8月まで、利用マナーの向上を訴えるために、「本が泣いています…」と題して、汚破損本の例を展示しました。このときの記録をホームページ上で紹介しています。

 同館の資料・情報担当者に、「汚破損本」のへの対応について聞きました。

 「程度にもよりますが、基本的には、そのままでは次の利用者の方への貸し出しができない状況であり、借りていた利用者の方に心当たりがある場合は、弁償手続きを取らせていただいています」と話します。

 これまで特段のトラブルはなく、弁償後に本を引き取った人もいたそうです。また、利用者によるものか、経年による傷みなのかはっきりしない場合や、日常的な利用をしただけと思われるような軽度のよれなどについては、借りていた人に対して、電話で問い合わせをすることはあるそうです。

電話は確認作業の一環

 「借りたときの資料の状態や利用方法などをお伺いすることはありますが、あくまでも確認作業の一環です。貸し出しする時に発見された汚破損については、図書館としても『事故証明書』をつけるなどして、責任を事前に明示するようにしています。また、返却ポストに返却された際に、メモなどで以前からの傷み具合を指摘してくださる利用者の方もいらっしゃいます」ということでした。

 熊本学園大学で図書館情報学を専門に教えている講師の山田美幸さんは「資料の汚破損は、今の公共図書館では非常に悩ましい問題となっています」と話します。

 どの自治体も図書館資料の弁償に関しては要綱を定めており、一般的には、現物か代替の資料をもって弁償する義務があります。「ただし、汚破損の原因によっては、図書館側がケースバイケースで判断することがあるので、資料の汚破損を発見したら、まずは図書館へ連絡してください」と山田さん。

 一冊の本とはいえ、税金や善意の寄贈で成り立っている大切な図書館の蔵書。次の人も気持ちよく借りられるよう、マナーを守って利用したいものですね。(メディア局編集部・遠山留美)

【紹介されたトピはこちら】
証明する方法ありますか?

【あわせて読みたい】
最近よく目にする「黒マスク」ってどうなの?

ハサミにライター、危険な電車内の化粧

勤務時間にノンアルコールビールを飲むのはダメ?