大嶋バニッサさん 言い訳を探すより、方法を見つけよう

国際女性デー

 すべてが計画通りにいくわけではありません。計画通りにいかなかったとき、私たちは「できなかった」理由を見つけるのに注力しがちです。でも、それは言い訳です。

 私は6年間休まず、毎日走っているのですが、その理由は乳がん患者の友人に、彼女が治るまで走ると約束したからです。この約束は破ることができないし、この約束がなければ、「疲れてるから」「時間がないから」「忙しいから」などと言い訳を見つけて走らなかったことでしょう。仕事が忙しい時でも、チームメンバーに声をかけてサッと走ってきて、仕事を再開しています。

 言い訳を探すのではなく、方法を見つけましょう。自分にとって大切なことなら、何らかの方法を見つけられる、と思います。

 私は2年前にがんと診断されたのですが、がんはいろいろなことをやらない言い訳にしやすいと思います。日本語の中で「しょうがない」という言葉はあまり好きではありません。「しょうがない」っていうのは、方法を見つけずに逃げているように思います。方法を見つけないと自分の命が危ないという状況に陥ったら、絶対に方法を見つけると思います。

 私の夫は29歳の時にがんにかかり、当時2人の息子は1歳と4歳でした。夫が働けなくなって、車や家のローン、子どもたちの教育費や家のことなどは、私が自分でやる方法を見つけるしかありませんでした。そうでないと家が破綻するからです。その時、プライドを捨て置いて、人にお願いするなどしました。

 人生において、高い所を目指したり、大きな夢を持ったりすることは、良いことだと思います。それらを実現するために方法を見つければいいのですから。もし、それで失敗しても、その失敗はダメなことではありません。私の祖母は「失敗していないことは恥ずべきです。だって、自分をあまり伸ばしていないし、チャレンジをしていないから」と言っていました。自分が本当にやりたいことであるなら、失敗したことから学び、もう一度挑戦すればいいと思います。

 何が起こるか分からないのが人生です。自分ががんと医者から言われた時、「なんで私が?」と信じられませんでした。そして、今までの生き方を変え、方法を見つけなければいけませんでした。例えば、以前は夫と一緒にワインを飲むことが好きだったのですが、がんになってから医者からは「完全禁酒しなくていいけれど、週1回なら大丈夫」と言われました。その時、悲しいという感情よりも、夫と「週1回しか飲めないのなら、高いワインを選ぼうね」と話していました。

 日本では、「自信」は他者から与えられることが多いですね。例えば、「○○大学卒だから自信を持つ」「上司から褒められたから自信を持つ」などですが、それは、裏返すと、他人から言われないと自分ができたかどうかわからず、自信が持てないということです。「自信」は文字通り「自ら信じること」なので、自分がよくできたと思ったら、それでいいのではないでしょうか。自分をもう少し信じてほしいと思います。

大嶋バニッサ(Vanessa Oshima)
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 マーケティング本部本部長

マーケティング・リサーチ業界に20年以上のキャリアを持つ。スターバックスのマーケティングに携わる傍ら、環境、ダイバーシティ&インクルージョン、次世代育成など日本そして世界に前向きな変化を起こす活動を進めているSocial Impactチームを率いている。 文科省スカラーシッププログラムの一環として京都大学に留学し、日本女性の雇用・賃金格差を研究し、経済学修士号を取得。日本、スポーツ、女性、イノベーションへの熱い情熱の持ち主であり、現在はとりわけ彼女の”boys” (夫と2人の息子)、マラソン、そして乳がん啓蒙活動に情熱を注ぐ。