Drまあやさん 欲ばって生きよう

国際女性デー

 「成熟した社会」とは、「選択肢の幅が広がり、決定権の自由が与えられ、個人の選択した事象を周囲が尊重してあげられる環境」だと思っております。

 選択肢は自分でも増やせるだろうし、周囲が選択肢を増やしてくれることもあるでしょう。選択にあたり、他人がアドバイスをすることはあっても、選択したことを認めない、もしくは選択肢を強制することがあってはならないのです。そして、何と言っても、選択する数は、一つでも良いし、全部でも良い! 家庭も仕事も地位名声も、自分が欲しいものを手に入れるために、望む選択肢を全て選び、頑張っていいじゃないか! もちろん、選ばず、選択肢スルーも可! 頑張らないためにどう生きるか、考えるのもあり。

 一度きりの人生、後悔の少ない人生にするべく、有意義な選択ができるよう、失敗も成功も経験し、次のステップへ進めるといいな、と思います。

 欲張って、生きよう〜♪

Drまあや(ドクター・まあや)
脳外科医・ファッションデザイナー

岩手医科大学医学部卒業後、慶應義塾大学脳神経外科に入局し、脳神経外科専門医取得。その後、日本外国語専門学校海外芸術大学留学科に入学し、翌年、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズへ留学。帰国後に、脳外科医として働く傍ら、スタイリストのアシスタントを開始。2013年Drまあやデザイン研究所を設立し、14年初個展「カラフルデブの挑戦」を開く。18年2月、Drまあやデザイン研究所のショップを巣鴨にオープン。大手小町で「お悩み相談」アドバイザーを務める。