非日常空間を味わえるイベント「ルームス」開催中

News&Column

 国内外の気鋭ブランドを紹介するキュレーションイベント「rooms EXPERIENCE 38」(アッシュ・ぺー・フランス主催)が東京・五反田TOCビル(東京都品川区)で開催されています。約300のブランドが出展する中、気になる展示をのぞいてきました。

パリ発のブランドに注目

 一番の注目は「ÉCOLE DE CURIOSITÉS(エコール・ド・キュリオジテ)」。2016年に伊藤ハンスさんがパリでスタートしました。ブランド名は「好奇心の学校」という意味です。展示の中で目を引いたのが、ヨーロッパのビンテージ本を使ったバッグ。

エコール・ド・キュリオジテのバッグ

 文学とアートを融合したファッションを提案している、というコンセプトを象徴するようなアイテムです。日本ではなかなか直接作品を見ることができないそう。貴重な機会をぜひお見逃しなく。

お悩みアドバイザー・Drまあやさんも出展

 大手小町のお悩みアドバイザーでおなじみのDrまあやさんも出展しています。

大手小町のお悩みアドバイザー・Drまあやさん

 通常、服には使わないグルーガンという素材を使って、服を作り上げていました。「アートを身につける」をテーマに、医師の仕事の合間を見つけて仕上げたそうです。「ここで非日常を味わってほしいです」とDrまあやさんが言うように、予想外のデザインに囲まれた展示空間はカラフルで、見ていると元気になれます。

カラフルなバッグ

 会場の奥へ進んでいくと、気になるディスプレーがありました。

 HANGER HOLICの安田嗣さんによるハンガーのディスプレー。どの家庭にもあるのに、あまり注目されないハンガーになぜかかれ、世界中のハンガーを集めているそう。金属や木などの素材を使った、世界中のハンガーを一度に見ることができます。展示がとてもかわいいので、ちょっと立ち寄るにはいいポイントです。写真撮影も実際に手に取るのも問題ないそうです。

 紙のジュエリーブランド「ikue」のピアスもユニークです。見た目は少し重そうな印象ですが、素材が紙のため軽く、長時間付けていても疲れません。身につけると存在感のあるデザインです。

紙のジュエリーブランド「ikue」のピアス

歩き疲れたら、体に良い、できたてのコーラを

 ルームスは、約5000平方メートルの会場で行われています。全部見るためには2時間程度は必要です。

 歩き回って疲れたときに、おすすめなのが「伊良いよしコーラ」のクラフトコーラ。小林隆英さんがコーラナッツ、バニラやシナモンなどの15種のスパイスをブレンドし、作った原液をその場で炭酸水と混ぜて提供してくれます。甘さ控えめで、疲れた体に染み渡ります。小林さんは、大のコーラ好き。何年も研究を重ね、昨年、会社を立ち上げました。素材にこだわったコーラは、混ぜるたびに味の変化を楽しめる体にやさしい飲み物です。ぜひ会場で味わってみてください(500円・税込み)。

「伊良コーラ」はスタッフがその場で作ってくれます

「rooms EXPERIENCE 38」は、22日(金)まで開催しています。

名称:rooms EXPERIENCE 38
主催:アッシュ・ぺー・フランス株式会社
会期:2019年2月20日(水)~22日(金)
時間:10:00~19:00 (22日のみ18時まで)
会場:五反田TOCビル
入場料:2000円(税込み)