年収300万円女子、ついに目黒の城を手に入れる!!

35歳、働き女子よ城を持て!(39・・・

 年収300万円女子、M村がさまざまな取捨選択の果てに決めたのは、約1600万円・定期借地権の中古物件(築20年)だった。

 風呂内「この目黒の借地権物件は、もし賃貸で出すなら安く見積もっても13万円です。民間銀行ローンでは契約違反になりますが、フラット35はローンを借りている期間でも賃貸に出すことは許されます。もちろん、最初から人に貸す気まんまんなのはダメですが」
 高殿「どうしても困ったら、むしろ、10年人に貸せばペイするってことですよ」

 立地が抜群にいいので、きちんと管理されていれば、賃貸価格がこれ以上下がることは考えにくい。20年住んで残りの10年を人に貸すことだってできる。

 M村「そうなんです。明日をもしれぬ身だからこそ、目黒に住みながら優雅に暮らしたいなーって」
 高「結婚したり転居したりしたあと、人に貸して1600万円取り戻すの理想!!」

 さて、物件を決めたM村は、ついに購入申し込みをした。

 フラット35に源泉徴収票1期分、運転免許証などの身分証明書、事前審査申込書などを提出し、仮審査の間、ひたすら待つ……待つ……。

 高殿「けっこう待ってる間、ひやひやするんだよね……」
 M「1600万円が安全ラインだと、さんざん検討したあとですから、これで落ちたら自分自身の価値を信じられなくなりそうです……」
 高「まあまあ、借りられる借りられないは、物件次第ってとこもあるから」

 結果が出るまで1週間程度。

 ソワソワしながら結果を待っていたM村の元に、不動産屋さんから待望の電話がくる。

 不動産屋「無事、仮審査通りました!」
 M「やったー!!」
 高「夢の目黒生活だーー!」
 M「いやいや、まだ本審査があります!」

 不動産屋さんで重要事項説明書や契約書を取り交わし、源泉徴収票3期分や、印鑑証明、課税証明書などの公的書類もそろえて本審査に挑む。ここからが長い。

 不「この間に、リフォームの打ち合わせを進めましょう。ご希望は、リビングと寝室の一部とトイレと洗面所の壁紙の張り替え、寝室の壁にイケアの収納設置、リビングの壁にイケアの本棚を設置、洗面所の化粧台の上側を取り外し、水栓の金具をとりかえですね

 洗面台の上側を取り外し、イケアの鏡を設置、水栓をおしゃれなものに変更するだけでぐっと雰囲気が変わる。

 M「ついでに、バスルームのシャワーのヘッドも金属製のおしゃれなものに替えます」

 水道工事は水道屋さんに一気にやってもらおう。壁紙はぜんぶ張り替えなくても、一面だけ柄や色物にするだけでも部屋の雰囲気が変わる。

自分好みの壁紙を選び、壁一面を収納にすることもできる!(写真はイメージです)

 リフォーム代50万円はM村の貯金から捻出。このほかに不動産取得税が20万円、あとは不動産関係の仲介手数料などを払う。だいたいリフォーム込み総額で100万円を用意した。

 月日がたつのは早いもので、壁紙や水栓、工事の日取りなどの打ち合わせをしている間に、あっというまに半月。

 不「おめでとうございます。本審査通りました!」

 3週間弱かかって、なんとかローン審査が通り、今度は金銭消費貸借契約(金消という)を取り交わす。司法書士も同席し、契約終了後、オーナーチェンジでなければすぐに物件(の鍵)の引き渡しを受けられる。

 即、リフォームが入る。M村はというと、現在の賃貸マンションを引き払いたいという連絡を入れ、引っ越し業者を選んだり、カーテンのサイズを測ったりと大忙し。

 高「洗面所はロイヤルブルーで統一。イイネ!」

 湿度の高くなる場所なので、ここだけ壁紙もすべて張り替えた。小さいスペースだからそれほどコストはかからないが、女子的にパウダールームの雰囲気は大事だ。洗濯パンの上にはバーが設置され、洗濯ものが即干せる仕様になっている。洗濯物を入れるかごや洗剤をストックする棚も、イケアの設置でOK。

 寝室になる部屋の壁紙はキレイだったので、一面だけ、北欧風の大きな木のシルクスクリーンを張る。これだけでだいぶ違う。あとは壁に1メートル間隔でフックをつける。

 高「明日着る服とか、毎日来てるコートとか、マフラーとか帽子とか、壁面いっぱいフックって、見せる収納に最適なんだよね」

 さらに、洗濯物を干すのに冬場は寝室がおすすめ。加湿効果があるから、お肌にも喉にもやさしい。

 リビングは格子模様の壁紙をチョイス。さらに、汚れやすいキッチンの壁紙は濃いブラウン。壁一枚一枚がはっきりして、家全体が引き締まった感覚がする。

 もちろん、リビングの壁には天井までの本棚だ。

 M「玄関の靴箱の上もイケアのミラーを設置。フェイクグリーンもイケアです」
 高「イケアってほんとに便利だよね。うちもお世話になっています」

 リフォームは2日で終了。リフォーム後、念入りに部屋をチェックし、工事に不具合はないか、引っ越しできるかどうかを見極める。イケアに貢ぎまくった結果、M村念願の天井までの壁面収納と、タオルフックから水栓金具まで北欧ファブリックのセンスが隅々までえ渡る。

 M村「大丈夫です! すてきです。引っ越します!!」
 高「目黒生活だーー!!」

 かくして、年収300万円の35歳働き女子は、見事、目黒の城を手に入れたのである!

 ※次回はついに最終回です!

 監修:風呂内亜矢

【オススメの関連記事】
目黒のマンションを借地権で購入 そのメリットとデメリットは?!
ついにマンション購入! 年収300万円女子が選んだ城とは?
ローン審査を通すのも落とすのも“人” 最終的に人間性だ!
正社員と契約社員とフリーランス、ローン適正はここまで違う!
ブラックリストは都市伝説?! じゃあ、なぜ住宅ローンの審査に落ちるの?
職業や年齢、債務状況でローン事情はこんなに違う!?
家賃が払えなくなる恐怖 マンション購入で解消できるのか?!
変動か固定か? 住宅ローンの金利について考えてみる
年収300万円女子は、銀行からいくらまで借りられるのか?!
35歳、働き女子よ城を持て!<まとめ>

高殿円(たかどの・まどか)
作家

 兵庫県生まれ。2000年『マグダミリア三つの星』で第4回角川学園小説大賞奨励賞を受賞しデビュー。著作に、「トッカン」シリーズ、「上流階級 富久丸百貨店外商部」シリーズ、『メサイア 警備局特別公安五係』『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』、「カーリー」シリーズ、『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』『主君 井伊の赤鬼・直政伝』『政略結婚』など、話題作を続々と発表している。13年『カミングアウト』で第1回エキナカ書店大賞を受賞。漫画原作も多数。最新作『戒名探偵 卒塔婆くん』(KADOKAWA)好評発売中

風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP認定者、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)、『図解でわかる!確定拠出年金』(秀和システム)、『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(宝島社)などがある。最新刊は『ほったらかしでもなぜか貯まる!』(主婦の友社)。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/