自主管理物件、管理会社の管理とどう違う?!

35歳、働き女子よ城を持て!(25・・・

 中古マンションの情報サイトを見ていると、管理の種類にもいろいろあるのだということに気づく。

 今回も、某大手不動産会社勤務後、独立して会社をたちあげ、いまはセレブ専門不動産会社社長Оさんに聞いてみた。

 高殿「いままでマンションはとにかく管理が大事、という話をずっと繰り返ししてきました。でも、管理会社にもいろいろあるというか、たまに『自主管理』と書いてある物件もあります」

 物件概要の管理形態の欄を見ると、たいてい委託・一部委託・自主・管理人常駐とかいろいろ書いてるアレ、アレだ。皆さんも見たことはあるかも。

 M村「自主管理ってことは、管理会社を雇ってないってことですよね」
 O「そうなりますね」
 高「それって、住人による管理組合が管理してるってことですよね。管理会社となにがどう違うんですか?」
 O「管理会社を雇わないかわりに、自分たちで管理する、文字通り自主管理ですね。規模にかかわらず管理組合は必ずあって、建物を運営するのは組合で、管理会社は主に清掃や近所トラブルなどの仲裁、部屋がゴミ屋敷化していないか、共用部分の不正使用などはないかなどをチェックします。コストがかかるので、小規模なマンションが自主管理に切り替わるのは、一概に管理体制が悪いからというわけではありません」
 高「そっか、常駐ってことは管理組合で一人雇ってるのと同じか。人件費って高いもんね」
 M「1か月で数十万かかるとすると、それをカットして修繕積立金に回したいとなっても不思議ではないですね」

 実際、超都市部の駅前には住人が10人くらいの小規模マンションも多い。そういう場所には夜かえって寝るだけ、昼間はいないなどのライフスタイルの人が住んでいるもの。そういう場合は、一部委託といって、24時間ゴミ出しと清掃だけ業者に依頼するなど、住人に合わせた管理をしているそうだ。

 しかし、女子が都心におひとり様で住むとなると、やはりセキュリティーの問題が気になる。オートロック、24時間ゴミ出しOKの物件となると、自主管理物件に住むのは難しいのではと思ってしまう。

マンションを快適に維持するため、管理の仕事は多岐にわたる

 О「もともと、大手の大規模マンションは管理人『常駐』を売りにしていました。今でも続けているところもたくさんあります。もちろん、コストはかかりますが、大規模マンションの戸数で割れば一件あたりの負担額は抑えることができます。大規模であればあるほどトラブルも多く、種類もさまざまですから、100戸を超えるようなマンションでは『常駐』か『日勤』がほとんどですね。もし、それ以外の『巡回』になっていると、なぜそうなったのか注意を払う必要があります」

 その要注意な部分は、われわれ素人がどうやって調べたらいいのだろう?

 O「まずは仲介している不動産さんに聞いてみることです。仲介業者から、専任契約をしている先方の不動産屋さんに事情をきいてもらえます。不動産業者同士にも付き合いがありますから、めったなことを隠したりはしません」
 高「じゃあ、事故物件があるかどうかとかそういうのも」
 O「はい、よく事故があったあと、『一人だれかが住めば告知義務はなくなる』と言われていますが、あれはウソ。何年前に起こったことでも告知義務は存在します。もともとそこが池であったとか、田んぼであったとか、そういうことと同じですね」
 M「同じマンションの違う部屋が事故物件のときも、ちゃんと教えてもらえるんですか?」
 O「告知義務はありますが、気にしない人は気にしません。積極的に話す業者もあまりいないので、どんな場合でも気になる人は自主的に質問してください。質問されればそのことを調べ、報告する義務が業者側にはあります」

 さて、話が少し逸れてしまったが、さらに管理について突っ込んでみる。

 監修:風呂内亜矢

【オススメの関連記事】
50年後に更地で返還?! 借地権物件ってどうなの?
東京・六本木に2200万円のマンション! 旧法借地権って?!
六本木から徒歩圏内、超都心マンションが超格安なワケ!?
場所、価格、条件すべてよし! 目黒にもあった超お得物件!!
35歳、働き女子よ城を持て!<まとめ>

高殿円(たかどの・まどか)
作家

 兵庫県生まれ。2000年『マグダミリア三つの星』で第4回角川学園小説大賞奨励賞を受賞しデビュー。著作に、「トッカン」シリーズ、「上流階級 富久丸百貨店外商部」シリーズ、『メサイア 警備局特別公安五係』『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』、「カーリー」シリーズ、『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』『主君 井伊の赤鬼・直政伝』『政略結婚』など、話題作を続々と発表している。13年『カミングアウト』で第1回エキナカ書店大賞を受賞。漫画原作も多数。最新作『戒名探偵 卒塔婆くん』(KADOKAWA)好評発売中

風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP認定者、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)、『図解でわかる!確定拠出年金』(秀和システム)、『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(宝島社)などがある。最新刊は『ほったらかしでもなぜか貯まる!』(主婦の友社)。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/