東京・目黒のマンション、年収300万円女子でも買える?!

35歳、働き女子よ城を持て!(19・・・

 年収300万円女子でも購入できるマンションを求めて、東京砂漠をさまよう高殿と編集者M村。不動産コンサルティングマスター・小泉俊博さんの紹介で、都心は目黒の中古マンションを見学することになった。

 その日は朝から土砂降りだった。M村は、空を見上げて一言。

 M村「見学日和ですねっ!」
 高殿「むりやりそんな前向き発言しなくてもええんやで、M村」

 しかしながら、昔から内見は雨の日に行けというもの。玄関がどれだけ汚れるか、廊下に雨が吹き込んでこないかチェックできる。

 まず1件目の物件は大手の有名マンションシリーズの一つ。目黒駅から徒歩8分、恵比寿駅からも12分という超好立地。あーだこーだここではとても書けないようなことを話しながら雨の中を歩くこと8分、目指すマンションが見えてきた。

 壁はレンガ風タイル貼り、RC造の4階建て。こぢんまりした印象の建物に築37年の古さは感じられない。約49平米の3DKで、販売価格2950万円。

 高「目黒なのに!?」
 M「頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、借り入れ金2950万円で、月々の返済は7万7888円!?」

 Mが急に前のめりになってきた。速い速い、歩くの速い。

 しかし、安さにはそれなりのワケがあったのだ。この物件、なんとエレベーターがないのである。

 高&M「4階建ての4階でエレベーターがないのはつらい!!!」

 最上階まで外階段を上ると、3階あたりから膝がつらくなる。若いウチはいいけど、年を取ったらしんどいかも。

 M「いえ、30代でも相当辛いです。それに外階段だから雨が降り込むし、玄関前でも傘差してないと、ぬれちゃいます!」

 M村の足が急に遅くなった。わかりやすい。

 中に入ると、リフォームはしていないものの、このまま住めそうなくらい状態は良い。南向きの角部屋で、雨降りでも室内は十分に明るい。玄関を入って右手の部屋は大きめのクローゼットがあり、寝室にぴったり。キッチンは5畳ほどだが、奥の一室とつないで使えば、11畳のLDKになる。奥には懐かしい畳敷きの6畳間がある!

RC造の4階建てマンション。約49平米、3DK、販売価格2950万円

 高「間取りはいいんだけど、洗面台がバスルームに設置されているユニットが入っている。つまり、脱衣所がない」
 M「これは、廊下で服を脱ぐってこと?ですかね」
 高「洗濯機置き場がDKにあるのも気になる。昔はベランダにあったのを、室内に無理矢理作ったらこうなったんだろうな」
 M「バスルームの壁、ぶち抜いて、脱衣所作れないですかね」

 壁だのなんだのをたたきながらあれこれ検証していると、小泉氏がサクッと、

 小泉「DKと風呂を改装するなら、300万円はかかりますよ」
 高&M「で、ですよねーー」

 さらに300万円。予算3000万円を軽く超えてしまうではないか。

 高「それに、全11戸しかないと大規模修繕の際に1戸あたりの負担が大きくなる。もしあとからエレベーターをつけるとかなったら、追加金が発生しそう」
 M「あと、管理費がやたら高いにも気になります。管理体制が緩いのかも」
 小泉「おお、いいところに気がつきましたね。そういう着眼点が大事です。管理組合の議事録を見せてもらった方がいいですね」

 ハイパーチート不動産屋さんにほめられた! これは我々の成長が著しく、物件巡りを続けた甲斐があるというもの。あとで、議事録を見せてもらうということで、さっそく次のマンションへ移動した。

 監修:風呂内亜矢/協力:株式会社恵生トラスト 小泉俊博

【オススメの関連記事】
年収300万円台で超都心にマンションは買えるのか?!
知っていて損はない!?不動産大手が扱う物件、扱わない物件
大震災後、東京の築50年マンションってどうなったの?!
不動産屋は教えてくれない、ハザードマップの秘密
東京の安全地帯を探せ! 安心して住めるのはどこだ?
35歳、働き女子よ城を持て!<まとめ>

高殿円(たかどの・まどか)
作家

 兵庫県生まれ。2000年『マグダミリア三つの星』で第4回角川学園小説大賞奨励賞を受賞しデビュー。著作に、「トッカン」シリーズ、「上流階級 富久丸百貨店外商部」シリーズ、『メサイア 警備局特別公安五係』『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』、「カーリー」シリーズ、『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』『主君 井伊の赤鬼・直政伝』『政略結婚』など、話題作を続々と発表している。13年『カミングアウト』で第1回エキナカ書店大賞を受賞。漫画原作も多数。最新作『戒名探偵 卒塔婆くん』(KADOKAWA)好評発売中!

風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP認定者、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)、『図解でわかる!確定拠出年金』(秀和システム)、『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(宝島社)などがある。最新刊は『ほったらかしでもなぜか貯まる!』(主婦の友社)。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/