高級路線・スタバのイタリア進出1号店が人気

News & Colum・・・

ミラノにオープンした「スターバックス」のイタリア進出第1号店

 イタリア・ミラノで今、話題を集めているのが、9月7日にオープンしたアメリカの大手コーヒーチェーン「スターバックス」の店です。イタリア進出第1号店で、店内をひと目見たい人たちが長蛇の列を作っていました。

「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」は、郵便局だった歴史的建造物に入居

 「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」という新店は、アメリカのシアトル、中国の上海に次いで3店目の高級店。日本でも2019年前半に、東京・中目黒にオープンする予定です。

 店の入った建物はミラノの中心部にあり、もとは郵便局だった歴史的建造物。一見、「スターバックス」とはわかりません。店内も従来のスタバのイメージとまったく違ったものになっています。ファッションやデザインへの関心が高いミラノらしく、ブロンズと大理石が中心の洗練されたデザインです。中央には巨大な焙煎ばいせん機が置かれ、ローストしている様子を見ることができて壮観です。出来上がった豆の香りをかぐこともできます。

店の中央に置かれたは巨大な焙煎機(左)客が出来上がった豆の香りをかぐこともできる

 豆は世界30か国余りから集められたものを使用しており、価格は高め。また、地元のパン屋と提携して、これまでになくパンの種類が充実しているのも特徴です。カクテルのバーなどもあり、エンターテインメント性が高く、ついつい長居してしまいそう。

パンコーナーも充実

 豊かな食文化を誇るイタリアは、外資系企業に対して保守的だと言われています。1980年代にはローマにマクドナルドが進出するにあたり、反対運動が起きたほど。エスプレッソに代表される成熟したコーヒー文化が根付いているイタリアで、スターバックスがどのように受け入れられるか注目です。 

(読売新聞編集委員・宮智泉)

【あわせて読みたい】
夜も楽しめる優雅なアフタヌーンティー
旅行のスタイルは国によって違う?
お酒にも合う……飲み会のシメにパフェ