求む! 痛くないパンプス

News&Column

サイズ、横幅、素材、色などを選択してオーダーする「Your Pumps」(東京都の伊勢丹新宿本店で)

 一人ひとりの足の形やサイズに合わせたパンプスを販売するサービスが百貨店に登場している。管理職や営業職で働く女性が増え、きちんとして見えて、痛くならない靴へのニーズが高まっている。店頭で個々の靴の悩みに応えることで、ネット通販との差別化を図る狙いもあるようだ。

イージーオーダー 2万円台で

 三越伊勢丹ホールディングスは、昨年9月から、パンプスのイージーオーダー「Your Pumps(ユアパンプス)」を始めた。同社のオリジナルブランド「ナンバートゥエンティワン」の商品で、現在は東京と名古屋の4店舗で取り扱っている。半年足らずで年間販売目標を上回る人気だという。

 客は店頭で足の長さや幅を測り、自分に合ったサイズやヒールの高さ、素材、色などを選ぶ。21センチから26センチまで11サイズ、横幅は7段階から選べる。黒とベージュは2万1600円、その他の色は2万3760円(いずれも税込み)。注文すると約4週間で自宅に届く。東京・浅草の革問屋や工場などと協業して価格を抑えた。

 ナンバートゥエンティワン営業部の河村明彦さんは「足の幅が狭いなど、既製靴でぴったり合うものが見つからなかった女性も多い。リピーターも増えてきました」と話す。

 阪急百貨店梅田本店(大阪市)は、今年2月に足の形を立体的に測る「3D足型計測機」を4階のシューズギャラリーに導入。国内6ブランドのプレーンパンプスのデータを取り込み、タブレット端末で計測結果に合わせたお薦めの商品を示す。20代から50代の幅広い世代に人気で、「足に合う靴を瞬時に選べる」と好評だ。

足型計測 伸びる販売

 東京都内や大阪の百貨店などにシューフィッターを派遣しているのが、ワコール(京都市)の婦人靴ブランド「サクセスウォーク」。同ブランドは、一つのデザインの靴に足の横幅やつま先の形などを変えて、最大83のサイズを展開。週末を中心に無料の足型計測会を開き、より足の形にあった靴を探すサービスだ。

サクセスウォークの測定会ではシューフィッターが足の長さなどを測り、適切な靴を助言する(千葉市のそごう千葉店で)

 同社のシューフィッター大塚幸子さんは「自分の足型を知ることが最適なパンプス選びの第一歩だが、計測したことがない女性がほとんどです」と話す。同社の靴の中心価格帯は2万円前後だが、昨年度の売上高は10億円を超え、販売を始めた2004年度の売上高から約20倍に伸びた。

 矢野経済研究所(東京)によると、2015年度の婦人靴小売市場規模は前年度比96・4%の3500億円。市場が伸び悩む中で、成長が見込めるアイテムとして、機能性パンプスに力を入れるメーカーが目立つという。

 こうしたサービスが広がる背景について、野村総合研究所上席コンサルタントの日戸浩之さんは「一人ひとりに寄り添った売り方をして、満足度の高い『顧客体験』を提供することで、ネット通販との差別化を図っている」と指摘。「企業努力で低価格でも機能・デザイン性に優れたパンプスが登場し、若年層でも受け入れやすくなってきた」と話している。

(読売新聞生活部 山村翠)