家事・育児を“やっているつもり”夫への対処法

インタビュー

 家事と育児を巡っては、しっかり“やっているつもり”の夫と「できていない!」といら立つ妻の間にあつれきが生まれることが珍しくありません。自身もワーママとして働くフリーランス記者の宮本さおりさんが、「育児は仕事の役に立つ―『ワンオペ育児』から『チーム育児へ』」(光文社)の著者の一人、立教大学経営学部の中原淳教授に、夫にイライラする構図の解消法について聞きました。

頑張りすぎないことが大切

――家事や育児に取り組む夫には感謝しつつも、やっぱり「できていない!」とイライラする妻は少なくありません。

 夫婦は他人ですから、自分の考えが100%伝わることはありません。話し合いが大切です。重要なのは、指標の置き方どのくらいまでできたらOKなのか、あらかじめ2人で決めておきましょう。

――家事・育児については、妻が基準を決めることが多いと思うのですが、これを夫婦で決めるということですね。

 そうです。私は「頑張りすぎない方がいい」と思っています。掃除、洗濯を完璧にこなして、おやつも全部手作りにすれば、暮らしの満足度は上がるかもしれませんが、何かを犠牲にしないと難しい。共働きが主流の今、そんなことをしようとすれば、どこかにひずみが出ます。

「ファミリーファースト」を目指せ

――結局、妻が無理をしてしまうパターンが多いように思います。

 日本の小売り・サービス産業の構造に似ています。ホスピタリティーが増せば増すほど、客の満足度は上がるけれども、従業員は疲弊していきます。同じことが家庭でも起こってしまいます。イライラしながら食事を作ったり、子どもに冷たく当たってしまったり。

――そうすると、家庭が殺伐としてしまいそうです。

 だから私は、必ずしも子ども第一じゃなくていいと思っています。大切なのは、子どもを最優先した生活である「チルドレンズファースト」ではなく、家族みんながにこやかに過ごせる「ファミリーファースト」を目指すことではないか、と私は思います。

――みんなが笑って過ごせるように、夫と家事・育児を分担するなら、お互いに高い水準を目指さないようにすることが大切だということですね。

 夫の家事が妻の思う通りにはいかなくても、「まあ、家族が笑っているならいいか」と考える。そして、一度夫に任せると決めたら、見守ることも大切です。

長期的に考える

――夫のやり方を見ていると、思わず口や手を出してしまいそうになります。

 例えば、保育園への送迎を夫が担当する時、子どもが「お母さんがいい」と泣き出したとします。ここで、「仕方がない。じゃあ、私が」と妻が代われば、子どもは「泣けばお母さんが行ってくれる」と学習してしまいます。夫も「じゃあ、お願い」と戦力にならなくなります。子どものために「よかれ」と思ってした行動が、夫を「無能化」してしまうのです。

――家事も育児も、自分でやってしまった方が早いと思ってしまいます。

 短期的に考えれば効率良く見えるかもしれませんが、長期的に見れば、妻の子育ての負担感が減らず、疲れてしまいます。これは仕事のマネジメントと似ています。部下が仕事ができないからといって、自分がその仕事を引き受ければ、自分の負担が増え、部下も育たなくなってしまいます。手を出したくなってもぐっとこらえる。そうやって家事・育児の分業を進めていくことが重要なのではないでしょうか。

お互い無理せず、おおらかな気持ちで

――共働きだと、時間がないこともあってか、夫には「ちゃんとやって」、子どもには「早くしなさい」と、家族を追い込んでしまいがちです。

 子育ては子どもが巣立つまでの長期戦です。ワンオペで疲弊することなく夫婦で完走できるように、協力体制を作ったうえで、お互いに無理をせずに、おおらかな気持ちで見守ることが大切です。 それが“やっているつもり”の夫と「できていない!」と怒る妻のバトルの終止符につながるのではないでしょうか。
(聞き手=フリーライター・宮本さおり)

あわせて読みたい

セックスレスの夫と一緒にいる意味がわかりません

夫を“ゾンビ”にしないためにできること

離婚した夫婦の8割がやらなかったこと

ショック! 夫婦で食い違う「簡単」メニューとは?

子作りは先輩が先? 暗黙の「妊娠輪番制」とは

中原淳(なかはら・じゅん)

 立教大学経営学部教授。同学部ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、リーダーシップ研究所副所長などを兼任。博士(人間科学)。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等を経て、2018年4月から現職。