子作りは先輩が先? 暗黙の「妊娠輪番制」とは

News&Column

 インターネット上で「妊娠輪番制」という言葉が話題になっています。

 きっかけは、保育士の妻を持つ男性が全国紙に寄せた投稿。男性の妻が働く保育園では、妊娠の順番が園長に決められていて、「先輩を追い抜くことは駄目」という暗黙の了解があったといいます。それを破ってしまったため、男性が「子どもができてすみません」と謝罪に行ったという内容です。

 女性の多い職場では、こうした「妊娠の順番」にまつわる悩みは珍しくないようです。なぜ「妊娠輪番制」が取られるのか。元地方紙記者で約10年にわたってワーキングマザーについての取材を続けるフリーランス記者・宮本さおりさんが、女性の多い職場での妊娠事情について取材しました。

「職場希望調査」は事実上の「妊娠希望調査」

 

 「年度末に職場希望調査票が配られます」と話すのは、公立保育園で正規職員の保育士として働く木村良子さん(29)(仮名)。第3子を妊娠中のワーキングマザーです。「希望調査」はワーママ世代の保育士の間では通称「妊娠希望調査」と呼ばれているそう。

 乳児と違い、幼児教育の要素が入る3歳以上のクラスでは、年度の途中で “担任降板”となると、園児が不安を感じるほか、年長クラスでは卒園の準備もあるので、妊娠が分かると「なぜ今!」と職場内でも言われてしまいます。

 このため、木村さんの保育園では、妊娠を希望する場合は職場希望調査票の備考欄に「子どもが欲しいので負担の少ないクラスを希望します」と書くのが慣例。職員の配置上、一度に何人もが産休に入るのは難しく、必然的に希望調査をもとにした「妊娠輪番制」が根付いている様子です。

 希望調査を出すには事前に根回しも必要になります。「妊娠希望を出してもいいかと、周りにお伺いをたてなければ希望通りの配置は望めません」と木村さんは話します。

女性多めの職場でも違いが

 医療の世界も女性が多い職場の一つ。しかし、総合病院で看護師として働く鈴木恭子さん(29)(仮名)は、職場での「妊娠の順番」をそれほど意識したことがありません。勤務先の病院は病棟ごとに35人ほどの看護師が配置されており、みんなで仕事を回しています。そのため、誰かが妊娠・出産で職場から離れたとしても、仕事が回らなくなるようなことはありません。

 鈴木さんは病院に就職後、先輩から「3年は子どもを考えてね」と、暗に妊娠を控えるように言われたことがあるそうです。しかし、この発言は「仕事を覚える時期だから」という意味に受け取ったといいます。鈴木さんは、勤め始めて2年半で妊娠しましたが、その際にも、誰かにお伺いをたてることはなかったそう。鈴木さんから妊娠の報告を受けた直属の上司は「じゃあ育休だね」とすんなり。同じく女性の多い職場でも、規模や職種により違いがあるようです。

職務内容が人に紐づくものは難しい

 社会保険労務士で自身も5人の子どもを育てながら保育園経営に関わる菊地加奈子さんは「仕事の内容が人に紐づいている職場ほど、妊娠の“お伺い”は必要になりやすい」と話します。「保育園の担任の場合は、職場だけでなく、保護者から『無責任だ』とクレームが出るケースもあるため難しいのだと思います」。しかし、職場や保護者との間にしっかりと信頼関係が築けていれば、クレームも防げるとも。

職場全体で考えて

 こうした状況に、ワークライフバランスや女性の社会進出などを研究する日本女子大学の大沢眞知子教授は「保育士の数が足りず、産休の人が出ても穴埋めができなくなっているのが原因」と指摘します。

 その上で、「人手不足の責任を個人に求めるのはおかしい。臨時職員を登録制でキープするなど、雇う側が具体的な策を考えておけば、誰が産んでも大丈夫になるはず。雇う側は、誰が妊娠してもいい状況を作っておくべき」と言います。

 働く女性が自身でできることとして、大沢教授は「日頃から家族計画を周りに伝えれば、ゆとりを持って人員配置を考えられる。そして、妊娠が分かったら速やかに職場には報告し、産休に入るためにどんな手配ができるかを、(トップ任せにするのではなく)職場全体で考えていく空気を作るのがいいのではないか」と話していました。

宮本 さおり (みやもと・さおり)

1977年生まれ、元地方紙記者。結婚により退社。5年間の専業主婦生活を経てフリーランスのライター・記者に。夫の転勤帯同で地方、海外含めて6回の転居を経験、その間、二人の子どもを授かる。「子育ても仕事もダブルに楽しむ」をモットーに、ワーキングマザーについて取材、執筆活動を続けている。

あわせて読みたい

育児と家事でヘトヘトなのに‥‥ワーママが感じる罪悪感の正体とは?

小1の壁 鍵っ子にするのは親の放任?子供が自立?

夫婦の時間は?日本の共働き夫婦の実態

離婚した夫婦の8割がやらなかったこと