桜だけじゃない! 街を彩るカラフルなイースター

News&Column

 春らしいパステルカラーで彩られた卵や、ウサギをモチーフにしたお菓子を店頭でよく見かけるようになりました。これはキリスト教のお祭り「イースター」にちなんだもの。季節の風物詩となったハロウィーンに続くブームになればと、3月から4月にかけて、様々なイベントや商品が登場しています。

 イースターはキリストの復活を祝う「復活祭」。年によって日付は異なりますが、春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日とされていて、今年は4月1日。卵はひながかえることから生命の象徴とされ、ウサギは子どもをたくさん産むことからイースターのシンボルとなっています。

 欧米では卵をカラフルに塗って贈り物にする風習があり、春の訪れを喜ぶイベントとして親しまれています。

 たとえば、駐日ドイツ大使館のウェブサイトには、イースター当日朝のドイツの家庭でよく見られる風景として、子どもたちが家の中で卵を探す“エッグハント”が、紹介されています。

 アメリカでは、大統領夫妻がホワイトハウスで“エッグロール”(卵転がし競争)を主催するのが恒例となっていて、今年の開催日は4月2日。ホワイトハウスのホームページによると、1878年に始まったこのイベントは今年で140回目になるそう。当日はライブストリームでイベントの模様が配信されるそうです。

 日本でも、遊園地などでイースターにちなんだイベントをしたり、卵やウサギの形をしたお菓子を販売したりするようになりました。

(左から)タリーズコーヒーの「イースタードーナツ カスタードプリンテイスト」などイースター関連商品、セブン―イレブンの「バニラ&チョコ うさぎのムースケーキ」

 全国に店舗を展開している「タリーズコーヒー」では、3月23日からイースターエッグをモチーフにしたドーナツ「イースタードーナツ カスタードプリンテイスト」(税込み280円)を販売しています。卵形の丸いドーナツの中に、カラメルが入っていてプリンのような味わいです。

 身近にあるコンビニでもイースタースイーツを見つけられます。セブン―イレブンでは、バニラムースでチョコクッキーとチョコムースを包んだ「バニラ&チョコ うさぎのムースケーキ」(税込み328円)が購入できます。こちらは4月1日までの限定です。ファミリーマートでは、ひよこをモチーフにした「シューパフェ~カスタード~」(税込み268円、期間限定)、ローソンでは、カスタードバタークリームで鳥の巣、レーズンヨーグルトチョコレートでイースターエッグを表現した「イースターカップケーキ」(税込み295円、期間限定)を発売しています。

 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)は、2010年からイースターパレードを始めているそう。今年の東京ディズニーシーでは、エッグハントプログラムが行われていて、同様のイベントは富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)やサンリオピューロランド(東京都多摩市)などでも開催されています。

好きな色や柄をペイントするのは楽しそうですね

 自宅でまったり派の方には、フォトジェニックなイースターエッグを自作してみるのもいいかもしれません。キューピーや鶏卵生産販売最大手のイセ食品などは、ホームページで生卵を使ったイースターエッグの作り方を紹介しています。

 春の一日を、いつもとは違う形でエンジョイしてみませんか。Happy Easter(楽しいイースターを)!