夫婦の時間は?日本の共働き夫婦の実態

News&Column

 共働き夫婦が増えている日本。でも、働く妻の多くは仕事を終えて帰宅しても、家事に追われているのが現実です。家事のほとんどを妻任せにしているのに「俺だって手伝っているぞ」と主張する夫にイライラ……。そんな人も多いのでは。世界的に見ても、日本は家事を分担している夫婦が少ないことが、ガス機器大手「リンナイ」が実施した共働きに関する国際アンケート調査で明らかになりました。

「家事分担をしない」ワースト国

 調査は昨年12月、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、デンマーク、5か国の30~49歳の共働き男女計500人(各国100人)を対象に行われました。

 各国の共働き男女に、「あなたは、配偶者(パートナー)と家事を分担していますか」と聞いたところ、「分担している」との回答が最も多かったのがアメリカで93%。韓国87%、デンマーク84%、ドイツ77%と続き、日本は56%で断然の最下位となりました。

夫婦の時間が一番短い国は?

 平日1日の過ごし方を聞いたところ、どの国も最も時間をかけているのが「仕事」で、日本(9.19時間)、韓国(8.72時間)、ドイツ(8.42時間)、デンマーク(7.64時間)、アメリカ(6.68時間)の順に。日本人はアメリカ人より1日当たり2時間半も長く仕事をしていることになります。

 一方、夫婦が一緒に過ごす時間は、デンマークの3.19時間が最長で、ドイツが2.55時間、アメリカが2.45時間、韓国が1.50時間となり、日本は最下位の1.31時間にとどまりました。調査結果から、日本の夫婦は仕事が忙しく、夫婦の時間を十分に持てていないことがうかがえます。

世界共通、夫婦円満のカギは‥

 それでは、夫婦の時間が短い中でも、円満な関係を保つにはどうすればいいのでしょうか。

 「配偶者(パートナー)のことが好きか」との質問に対し、5か国すべてで、家事を「分担していない人」より「分担している人」の方が「好き」と答える割合が高いという結果になりました。特に韓国ではその傾向が強く、「分担している人」の72.4%が配偶者(パートナー)のことを「好き」と答え、「分担していない人」の30.8%を大きく上回りました。日本では、配偶者のことを「好き」と答えた人は、「分担している人」で67.9%、「分担していない人」で40.9%という結果でした。

 仕事が忙しくても、相手を思いやって家事分担に努めること。それが夫婦円満のコツなのかもしれません。

あわせて読みたい

ドラマ「逃げ恥」が教えてくれた専業主婦の家事のお値段

離婚した夫婦の8割がやらなかったこと

こんなに違う!世界の「美しさ」の基準

セックスレスの夫と一緒にいる意味がわかりません