災害時に保育園の迎え、どうしますか? 子連れ防災を考える

News&Column

写真はイメージです

 東日本大震災や熊本地震など、災害が起きるたびに「防災」の大切さがクローズアップされます。でも、「いつか」でいいと思ったり、実際に何をすればいいか分からなかったり……。子育て中の女性たちで作るNPO法人「MAMA-PLUG(ママプラグ)」は、女性や親子が取り組みやすい「防災ピクニック」を提唱しています。代表の冨川万美さん(40)に、その狙いを聞きました。

冨川さん

防災を「自分ごと」にするために

 ママプラグは、キャリアを中断した女性が社会との接点「プラグ」を持つために結成され、東日本大震災の後は被災者支援に携わっています。冨川さん自身も、出産で勤務していたPR会社をやめた後にママプラグに参加。被災ママたちの声を生かして「子連れ防災手帖」や「子連れ防災実践ノート」などを出版しています。東京都が今月発刊した防災ブック「東京くらし防災」の編集にも携わりました。

 「大事だとわかってはいるけれど、『楽しくなさそう』『今じゃなくてもいいか』と先送りにしている。その点で、防災は『節約』と同じように、大切なのになかなか取り組めないものになっています」と冨川さん。窓ガラスの飛散防止シートや家具の固定も大事だけれども、それよりもまず、「自分の暮らしにあわせて、できることから取り組んでみて」とアドバイスします。

ピクニックで非常食を食べてみる

 そのために役立つのが「防災ピクニック」。キャンプほどハードルが高くなく、親子で公園に出かけて、イベント感覚で気軽に取り組めます。ステップがいくつかあり、まずは、公園で非常食を食べてみる。「外で食べることで『うちの子には、乾パンは食べづらそうだ』『スプーンやお手ふきもあった方がいい』などの発見があります」

公園でピクニック(ママプラグ提供)

 次に、「リュックに必要なものを詰めて出かけて、公園で使ってみる」「子どもの手を引いて歩いたり、だっこしたりして避難してみる」という体験を積み重ねていきます。そうすることで、自分や家族の暮らしに必要なものが見えてくるそう。

家族との連絡法、保育園と連携するには?

 その上で確認しておきたいのは、家族との連絡方法です。被災した女性たちの多くが不安に思ったことは「家族に会えない」ことでした。自身も9歳と3歳の子どもがいる冨川さんは「災害時に誰が子どもを保育園に迎えに行くのか」「どうやって連絡を取るのか」「代理で迎えが来た場合に、どうやって引き渡すのか」など、保育園と保護者との間でシミュレーションすることをもっと広めていきたいと話します。

 冨川さんは、東日本大震災の被災女性が、震災後何か月もたってから、子どもを保育に預けて初めて一人の時間ができたときに、「実は怖かった」とポロポロと涙を流す姿に出会ったことがあります。襲いかかる災害には、一人ひとりが自分で対峙するしかありません。自分に何ができるか、家族をどう守るか、3月11日を機に確かめておきたいですね。(大森亜紀)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子連れ防災手帖 被災ママ812人が作った
価格:1080円(税込み) (2018/3/9時点)