ホームパーティーはプロにお任せ!手間ナシSNS映えもOK

 ハロウィーンやクリスマスなどイベントが目白押しの季節。ホームパーティーならリラックスして仲間と楽しめる。それでも準備や後かたづけが面倒でつい敬遠してしまうこともあるのでは。料理や飾り付けなどのサービスをうまく利用すれば、手をかけずに楽しむこともできる。

場所はレンタル◆シェフが出張調理 

 キリン食生活文化研究所がインターネット上で約7500人を対象に実施した調査によると、ホームパーティーを開いている人は約6割と半数を超える。その際に困るのは「開催前の掃除」と「後かたづけ、終了後の掃除」がともに47%で最も多い。

 なるべく気楽に開くコツは。一般社団法人「日本ホームパーティー協会」会長の高橋ひでつうさんに聞くと、「自宅以外で開くこと」を挙げた。キッチン付きの貸部屋やマンションの共有スペースなど、自宅以外の場所を使うのがトレンドだという。

 会議スペースなどの賃借仲介業「スペースマーケット」には、パーティーに利用できる物件が首都圏を中心に全国で6000件以上登録されている。1時間500円(税抜き)、1日3000円(同)から貸し出す。

貸し切りのキッチン付き物件で子ども連れでも周囲を気にせず楽しめる

 ハンモック付きやハロウィーンの飾り付けがある部屋、本格的なバーカウンターがある部屋などもあり、場が盛り上がる。隣近所を気にしないで済むので、子連れにもうれしい。

買い出し、掃除も代行

 パーティーにはおいしい料理が欠かせない。

 出張料理サービス「PRIME CHEF(プライムシェフ)」では、レストランの料理人などが会場に出張して調理してくれる。フレンチから和食、中華などあらゆるジャンルのシェフが約80人登録しており、1人前3000円(税込み)から条件に合う人を選べる。

 家事代行業「CaSy(カジー)」は、日常の家事代行がメインながら、10人程度までのパーティーなら対応できる。1時間2500円(税抜き)で3時間から利用できる。レストランでの勤務経験があるスタッフなどがローストチキンなどのパーティーメニューを提供する。子どもにお菓子作りも指導できるほか、追加料金を支払えば材料も買いに行ってくれる。

 掃除の代行プランも心強い。「居間やお手洗いなどお客さんの目につくところをついでに掃除してほしいという方も多い」(広報担当者)という。

 高橋さんは「料理を全部作ろうと思わないこと。メインは出前でもいいのです。無理して全部をやることはありません」と「手抜き」のコツを教える。

空間を華やかに

 パーティーを盛り上げる飾り付けも重要だ。高橋さんは「部屋を装飾すると、一気にインスタグラムなどのSNS映えする空間になる」とアドバイスする。

 「SOCO’S Anniversary」は子ども向けを中心とした出張飾り付けを3万5000円(税抜き)から行う。テーブルクロスや壁の飾り付け、子どもの年齢や名前が入った風船が用意できる。飾り付けは自分で行い、装飾品だけを買うプランも2万円程度からある。辰元草子代表は「わざわざ出張してもらうまでもないけど、本格的に飾りたい人に向いています」とすすめる。

プロならではのバルーンアートも

 「M&M PARTY」では、1万5000円(同)から風船の飾り付けを出張で行ってくれる。風船は5000種類以上の中から選べる。風船を使った1・5メートルほどの大きな人形など、プロならではのバルーンアートも会場を華やかに演出してくれる。

(野口季瑛)