おにぎり撮って投稿、途上国に給食を寄付

1枚で100円、企業が寄付

 10月16日は国連が定めた世界食料デー。おにぎりにまつわる写真を撮影してインターネットに投稿すると、アフリカやアジアの子どもたちに給食を送るキャンペーン「おにぎりアクション2017」が、11月15日まで行われています。

TFT提供

 企画したのは、開発途上国で給食支援活動をするNPO法人「テーブル・フォー・ツー」(TFT)。おにぎりを作ったり、食べたりしている「いただきます!」写真を撮影し、ハッシュタグ「#OnigiriAction」をつけて、ネットに投稿すると、写真1枚につき、給食5食分に相当する100円を、協賛企業がTFTに寄付する仕組みです。投稿先は、フェイスブックやインスタグラム、ツイッター、特設サイト(http://jp.tablefor2.org/campaign/onigiri/)など。

スマートフォンからも、撮影したおにぎりの写真を投稿できる

 キャンペーンは今年で3年目。昨年は海外を含め、10万8815枚が投稿されたと言います。TFTの大宮千絵さんは「おにぎりを知らない海外の人が、現地の日本人と協力して作ったり、食べたりして参加する例もある。『おにぎりを食べる』という小さな行動が集まって、世界の食の不均衡を変えるきっかけになれば」と話しています。