「美女と野獣」の世界観一色、マロニエゲート銀座がキャンペーン

マロニエゲート銀座2の正面口横ガラス面に描かれた映画「美女と野獣」のビジュアル

 「美女と野獣」が銀座をジャック!――。マロニエゲート銀座2(東京都中央区)で2日、館全体を「美女と野獣」のビジュアルで埋め尽くす「マロニエゲート銀座2 loves 美女と野獣MovieNEX」が始まりました。

 「美女と野獣」は、魔女の呪いで野獣の姿に変えられた王子と、美女ベルの恋愛を描いたディズニーアニメの不朽の名作。今春、その実写リメーク版が世界各国で劇場公開され、日本でも興行収入が120億円を超す大ヒットを記録しました。その映画が4日に、MovieNEX(DVDやブルーレイ、デジタルダウンロード権などをパッケージ化した商品)で発売されるのに伴い、今回のキャンペーンが企画されました。

1階正面入り口付近に設置された「ハナドケイ」は待ち合わせにピッタリ

 館内の正面口で、「美女と野獣」の世界観を象徴するアイテムの一つ、「赤いバラ」を大量にあしらった「ハナドケイ」が来店者を出迎えるのをはじめ、1階正面口のガラス面など随所に「美女と野獣」のビジュアルが施されています。

 また、2~4階の各フロアにフォトスポットを設け、週末などにSNSフォトプリント端末「#SnSnap」を設置。来店者は、自身の SNS アカウントに指定のハッシュタグ(#恋するマロニエ)を付けて写真を投稿することで、オリジナルデザインのプラスチックカードに写真がプリントアウトされた記念品を持ち帰ることができます。

2階のフォトスポット(左)。4階のフォトスポットにはガラスドームに入った一輪のバラが

 館内には1 時間に1回、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う映画の主題歌がBGM で流れ、来店者の気分をより華やかに盛り上げます。

 4日、7~9日には、正面口イベントスペースに新星堂が出店し、MovieNEXを販売します。

 「マロニエゲート銀座2 loves 美女と野獣MovieNEX」は今月31日まで。