洋服のシワが手軽にピシッ 衣類スチーマーが人気

イラストはイメージです

アイロンよりも手軽 掛けたままでシワを伸ばせる

 蒸気でシワを伸ばす衣類スチーマーが人気だ。アイロンよりも手軽に衣類のシワを伸ばせることから、共働き世帯などに支持されている。アイロンがけしにくいジャケットやニットにも使いやすい。これから秋冬物の衣類に替える時に活用してみては。

単身世帯にも人気

 GfKジャパンの調査によると、ここ数年で衣類スチーマーのシェア(占有率)が急伸。2016年の家電量販店における衣類スチーマーの販売台数は12年の約11倍だった。販売台数の構成比でも、12年はアイロン97%に対して衣類スチーマー3%だったのが、16年は69%対31%に迫っている。

 衣類スチーマーはシワを伸ばしたい部分に蒸気をあてて使うが、ハンガーに衣類をかけたままでもシワを伸ばせる。「使い勝手が良く、単身世帯などにも人気」(GfKジャパンのアナリスト)という。

 フリル付きブラウスなどのシワも伸ばせるほか、高温のスチームで除菌や脱臭ができることも販売を後押ししている。

アイロン兼用も

 13年から衣類スチーマーを販売しているパナソニックは、電源をオンにしてから使えるようになるまでの時間を約24秒に短縮した新製品「衣類スチーマー NI―FS530」(税込み想定価格1万2000円前後)を4月に発売。スチームは上下左右どの方向にも向けられるので、ジャケット裏側などのシワも伸ばしやすい。

 グループセブジャパンの「ティファール アクセススチーム DR8085J0」(税込み希望小売価格1万6200円)は、1分間に最大約23グラムの水を蒸気として噴出する強力なスチームで素早くシワを伸ばす。デリケートな衣類には、専用のヘッドカバーやブラシを装着して使う。布団やカーテンのダニ対策にも効果的だという。

 日立コンシューマ・マーケティングの「衣類スチーマー CSI―RX1」(税込み想定価格1万4000円前後)は、アイロンとしての機能も併せ持つ。「1台で済ませたい」という声に応えた。アイロンはかけ面がダイヤ形で、シャツのボタンまわりなどにもきめ細かくプレスできる。

 アイリスオーヤマの「衣類用スチーマー KIRS―01」(同9698円前後)は水をためておくカセットタンクが取り外せるので、給水しやすい。パリッと仕上げたい箇所は、アイロン台の役割を担う付属の専用ミトンを使うとよい。(松尾大輝)

使い方のコツ

 スタイリストの川田めぐみさんによると、シルク等のデリケートな素材は蒸気がシミになる場合もあるので、一点に当てすぎないように注意が必要だ。心配な場合は、衣類から少し離して使うか、当て布をするとよいとアドバイスする。フリンジなど飾りのヨレも直せるが、蒸気でやけどをする可能性もあるので、ミトンなどを使うと安心だ。