ケイト・スペードとコラボ、仏産ステーキでパリ気分

 ファッションブランド「ケイト・スペード ニューヨーク」が9月14日から、東京・神楽坂のステーキレストラン「サクレフルール(Sacrée fleur)」と10日間限定でコラボします。1920年代のフランスの雰囲気を醸すレストランで、フランス産ビーフのステーキなど特別メニューがリーズナブルな価格で提供されます。先日開かれた試食会に行ってきました。

フォトジェニックな店内

 サクレフルールは、パリ・モンマルトルに店を構える人気のビストロで、今年4月、神楽坂に日本1号店をオープンしました。

 お店に入ってまず目についたのは、至るところに飾られたポピーの花。クッションにはレオパード柄をあしらうなど、クラシックな内装が印象的です。これは、ケイト・スペード ニューヨークの今季のテーマ「1920年代のパリ」の世界観を表現したものだといいます。ペーパーマットやコースターもケイト・スペードによるオリジナルデザインで、インスタ映えする料理の写真が撮れそうです。

 看板メニューのステック・フリット(ステーキとポテトフライ)はフランスでは身近な料理で、東京の女性にも“パリジェンヌ気分”を味わってほしいと、今回、期間限定のコースメニューが企画されました。

コースの始まりはおしゃれなドリンクから

 ドリンクはアルコールとノンアルコールが2種類ずつある中から1杯選べます。どれもチェリーがベースになっていて、甘すぎず、すっきりと飲むことができます。

 バルサミコベースのドレッシングをかけたサラダでさっぱりしたら、お待ちかねのステック・フリットの登場です。

 ステーキ肉は、フランス産「シャロレー牛」の肩ロース。肉のキメが細かくて柔らかく、脂身も多すぎないので、お肉本来の味を楽しむことができます。

 お肉はレアで提供されますが、熱々の石の上に載せられているので、食べるタイミングによって好みの焼き加減にすることができます。マネジャーの小倉祐典さんは「約300度まで熱したフランス産の天然石のおかげで、外はカリッと、中はジューシーな味わいになっています」と話していました。

 お肉につけるソースは4種類から選べますが、お店のオススメは、限定のダークチェリーペッパーソースだそう。

 最後はレアショコラケーキのチェリーコンポート添え。甘いチョコレートに甘酸っぱいチェリーソースが絶妙にマッチしています。

神楽坂でパリ気分

 コラボ期間中の料理は限定コースのみとなっており、お値段は2人で3000円(税抜き。1人増えるごとに1500円追加)とリーズナブル。女友達とちょっと1杯楽しむのにはちょうどいいボリュームとお値段です。

 おしゃれな空間でステーキを食べながら、つかの間のパリ気分を味わうことができました。

◇コラボ期間:9月14日~24日
◇営業時間:火〜金=ランチ11:30〜14:30 ディナー17:00〜23:30 土日祝=ランチ12:00〜15:00、ディナー17:00〜23:30
◇休業日:月曜日(ただし、18日は祝日で通常営業のため、翌19日が休業日)
◇所在地:東京都新宿区神楽坂3-2大宗第5ビル
◇TEL:03-6228-1513