ノートPCやスマホ バッテリーの発火事故が急増!

写真はイメージです

 ノートパソコンやスマートフォンに使われるバッテリーが発火するなどの事故が急増している。やけどの重傷を負ったケースもあり、NITE(ナイト、製品評価技術基盤機構)が実験動画を公開して注意を呼びかけている。

 発火事故が起きているのは、スマホなどに内蔵されていたり、充電の時に使ったりするリチウムイオン電池。主に充電している時に異常発熱して火を噴くなどした。NITEによると、事故は2016年度までの5年間で計274件(ノートパソコン110件、モバイルバッテリー108件、スマホ56件)起きている。けが人も19人出ており、このうち1人は重いやけどを負った。

 事故原因では、製品の不具合によるものが最も多く127件だった。リコール対象製品も3割程度あり、回収や交換が適切に行われていれば防げた事故も多かったという。

 また、使用者の誤使用や不注意によって発火する場合も。リチウムイオンバッテリーは、落としたり、ぶつけたりすると、衝撃で内部がショートする場合がある。就寝中に燃えやすい寝具の上で充電し、機器の熱がこもって、異常に気づかないまま火災が発生した場合もあった。NITEでは「充電中に異常に熱くなったり、バッテリーが膨らんだりしたら、すぐに使用を中止してほしい」としている。

 バッテリーがリコール対象になっているかどうかは、NITEのホームページなどで確認できる。