人が過労死しないために、今、何をすればいいのでしょう?

スパイス小町

画像と本文は関係ありません

電通の過労死、同情しているように見えるけれど… 

 大手広告会社「電通」で24歳(当時)の女性新入社員が自殺したのは、長時間勤務による過重労働が原因だとして労災が認められました。

 これに対して、ネットなどでは多くの人が発言をしています。中には「100時間程度で自殺するなんて情けない」という大学教授の発言が炎上する騒ぎも起こりました。この発言は論外ですが、そのほかにも「おやっ?」と思う発言があり、いくつかのパターンに分けてみました。

(1)長時間労働自慢派
 100時間ぐらいなんだ。オレはもっと残業していたぞ(50代以上に多い。炎上につながりやすい)

(2)残業じゃなくて、パワハラや環境が問題派
 原因は長時間労働ではなく、パワハラのある環境だ。上司や同僚などと励まし合ってやる長時間労働だったらいいよね。みんなで励まし合って、がんばって、良い経験だよね。

(3)好きで長時間労働派
 自分で望んだ長時間と人から強制された長時間は違う。好きで働く分には長時間でもいい。そもそも時間を限られたくない。

(4)若いうちは時間で奉仕しろ派
 若く経験のない時の100時間を積み重ねて、いずれは成果の出せる時がくる(50代以上に多い)

(5)長時間労働習慣化派
 ウチの会社も普通にそれぐらい働いているけれど……(長時間労働が常態化しているパターン。コンサル、ITなどの30代ぐらいに多い意見)

 みなさん、この悲劇には深い哀悼の意を表されています。しかし、ちょっと違うんじゃないかと思った意見を集めてみました。つまり、本質的な問題がフォーカスされていないのです。

 これらのパターンの人たちは「そもそも長時間労働は悪くない」「長時間労働は当たり前」と思っているのですね。

 炎上しがちなのは、50代以上で長時間労働の経験があり、それが成功体験になっている人。こういう方たちは、炎上の結果、謝罪、仕事にも影響が出るなど、大きなリスクがあるので、リスクを考えて発言されたほうがいいかと思います。

いつまで続く「長時間労働当たり前」の“洗脳”

 そもそも「長時間労働は生産性が高い」「当たり前」「成長を生む」という考え方自体が、本当に良いのでしょうか。その本質的な議論をしないと、このような悲劇は防げないのではと思うのです。

 日本人は勤勉であることを美徳とする。そう言われています。だいたいこの過労死を報道するマスコミ自体、長時間労働が美徳。「24時間稼働できないのはダメなマスコミ人」「親の葬式には行けないと思え」「自分の結婚式に出られないのが武勇伝」なんていう話をつい先日、業界で働く女性たちに聞いたばかりです。

 特に「若いときは長時間労働でいい」という考え方は、一見まともに見えて、たいへん危険だとも思います。若いときに長時間をたたき込まれた人は、その後も、時代が変わっても「長時間労働は良い事だ。仕事にすべてをささげるのが美徳だ」と信じ続けてしまうからです。つまり若いときに「洗脳」されてしまっている。

 後から、例えば子どもができたりして、はじめて「なんとしても定時に帰りたい」と思っても、そこに罪悪感を覚えてしまうのです。そんな女性は多いです。

 小田嶋隆さんは「カルト宗教の信者をブラック企業の社員に置き換えても、そんなにかけ離れた話ではない」と長時間労働を自慢する風潮を揶揄やゆしています。

 人間の集中力にはもちろん限界がある。長時間労働経験者は「目の前のものを打ち返すのに精一杯」と言います。そんな状態で仕事をしていても本当に「成長」が約束されているのでしょうか? 逆に「思考停止」となり、「洗脳」されやすい状態になってしまうように思えます。

 私が企業で若手社員向けに講演をすると「今からライフイベントを含むキャリアなんて考えられない」と反発する女性がいました。彼女は先のことは考えないで目の前の仕事に集中したい。自分が仕事をしながら、ほかのこと――例えば結婚や子育てをすること――が想像できないのですね。つまり「思考停止」。彼女は25歳。自殺した女性より1歳上です。

 違う25歳もいました。「今、仕事以外のことも考えて良いのですね」とほっとしたようにつぶやいていました。彼女はきっと上司から「今は仕事以外のことは考えるな」と言われているのかもしれない。

 「会社があなたの人生の最優先課題だから」という洗脳は、男性にも苦しいけれど女性にはもっと苦しい。なぜなら頭の中にはすでに「結婚したり、子育てしたりする未来の自分」がいる人が多いから。だから「客観的にみてどうなの? この状況……」とふと、“洗脳状態”から覚めたりする。男性はなかなか覚めない。

「36協定」、会社側もコストを考えて

 小町でも「過労死」でひくと、いろいろなトピが出てきます。

 中でも見逃せないのは「過労死予備軍」さんからのトピ(「話が通じない」)。新しい社長になってから、彼が仕事のことをあまりわかっていないせいで、無理難題をふっかけられる。

 これは危機です。

 「しかし二代目はすぐ提出という仕事を無理矢理ねじこんできます。私がその仕事をやるのは良いが、担当する仕事が間に合わなくなるので、助っ人を頼んで欲しいと言っても『でもあなたの仕事の締切は3日後。まだ日数あるじゃないか』と言います」

 そんなわけで「過労死予備軍」さんは1日16時間働いているそうです。16時間? 8時間の2倍? もし5時が定時としたら真夜中まで働いている?

 仮に1日の残業が8時間なら、10日もやれば「過労死ライン」とされる「月80時間」を軽く超えてしまいますよ。

 「こういう人はどのように説明したらわかってくれるのでしょうか?」とトピ主さんは言っていますが、まずは御社の「36協定の特別条項」をチェックしましょう。特別条項は労使が合意すれば、何時間でも残業できることになっています。しかし最近は80時間以上を設定している企業には厳しくなっています。

 もし、特別条項の時間以上の残業をさせていたら違反ですから、労働基準監督署がきたらたいへんです。そのあたりのことをまず伝えましょう。

 「エクセルで時間管理表を作って説明する」というレスもありました。しかし、同じようにやっても、「この手の人たちは、部下の負荷を把握できておらず、『忙しくても人を増やさずに乗り切った俺ってすごくない?!』とか考える人たちなので、永遠に平行線ですよ」など、全く理解されなかったというレスもありました。

 経営者だったら「労務管理」をきちんとするのは仕事の重要なところであるはず。「社員がちゃんと仕事をしているか」だけでなく、「ちゃんと休んでいるか」「ちゃんと健康で働いているか」「やめそうじゃないか?」――これも重要なポイントだと思います。

 先日あるシンポジウムで「リプレイスメントコスト」という言葉が出てきました。それは、もし社員が「残業が多すぎる。もう無理、疲れた」って辞めてしまった場合かかるお金のこと。その人が仕事を覚えるまでに費やしたコスト、新しい人を募集するコスト、そして新人に仕事を仕込むコスト。結構膨大なコストがかかるんですね。

 それを考えたら、『社員は無限に働くもの』と扱うのは、かえって会社の損になるのです。

 いろいろやってみてダメだったら、労基署に「チクる」というのもあるかと思います。

 そして、みなさん、知っていますか? 11月は国が定めた「過労死等防止啓発月間」なんです。全国29か所の会場でシンポジウムもあるそうですよ。ぜひこの問題に関心を持ってくださいね。

白河桃子
白河桃子(しらかわ・とうこ)
少子化ジャーナリスト・作家

 相模女子大学客員教授、昭和女子大女性文化研究所客員研究員。内閣官房「働き方改革実現会議」「一億総活躍国民会議」の民間議員も務める。東京生まれ、慶応義塾大学卒。住友商事、リーマンブラザースなどを経てジャーナリストに。女性のキャリア、働き方改革などをテーマに発信している。「婚活時代」(山田昌弘共著)で「婚活ブーム」の火付け役となった。著書に「妊活バイブル」(講談社新書)「女子と就活」(中公新書ラクレ)「産むと働くの教科書」(講談社)「格付けしあう女たち」「専業主婦になりたい女たち」(ポプラ新書)など。「仕事、出産、結婚、学生のためのライフプラン講座」を大学等で行っている。

https://www.facebook.com/shirakawa.toko