富士のふもとで豪華なグランピングを体験

 最近、よく「グランピング」という言葉を聞きます。普通のキャンプより、少しハイクラスな「グラマラス」な「キャンプ」で「グランピング」。僕は「星のや富士」で体験してみました。確かに、素朴なキャンプもいいけど、こんな上質のアウトドア体験は楽しいものですね。

 河口湖北岸。深い森の中に立地しているのが「星のや富士」。写真は「クラウドテラス」。ここでは「グランピングマスター」が宿泊者のために様々なアウトドア体験を演出してくれる。キャンプ初心者でも、安心して楽しめる心遣い。

 こんな朝食が出るなんて、まさに「グラマラス」。天気のいい日は、青空の下で、河口湖を眺めながらいただける。グランピングがコンセプトでも、「和」のおもてなしで、心が和みます。

 シエスタは僕の日課。こんな深い森の空気の中での、お昼寝は最高。木々のささやきを聞きながら、深い睡眠で午後はすっきり。ぜいたくなシエスタを体験するだけでも、泊まる価値ありです。

 山の中に囲まれた前衛的な建築。機能的なデザインがモダン。どの部屋からも富士山を臨める造りです。泊まって感じたのは照明の美しさ。階段を照らすライトなどにも細やかな配慮があって、さすが質が高いと感じ入りました。

星のや富士

三好和義(みよし・かずよし)
写真家

 1958年徳島県生まれ。「楽園」をテーマに、タヒチやハワイなどの南国の島々から日本の世界遺産まで幅広く撮影。84年当時最年少で木村伊兵衛賞を受賞。近著は世界中のリゾートを集めた「青の楽園へ」(PHP)。Amazonプライム・ビデオで「RAKUEN 三好和義と巡る楽園」を配信中。