お金を育てる「インカム投資」って?~働く女子のマネー座談会(前編)

 私たちの生活でとても大切なお金。幸せな人生を送るためにお金を増やす手段の一つに資産運用があります。大森亜紀・「大手小町」編集長が働く女性3人と一緒に、ファイナンシャルプランナーの池田洋子氏とJ.P.モルガン・アセット・マネジメントの岡本桂一氏に、資産運用についてお聞きしました。

興味があっても「何から始めていいか分からない」

大森 最初に皆さんのお金に関する悩みを聞かせて下さい。資産運用はしていますか?

鈴木 夫婦でそれぞれがお小遣いの範囲で株式投資をしていますが、「どの会社が伸びる」といった判断をするには、自分の知識では限界があると感じています。毎日の株価に一喜一憂するのではなく、「1年後など時間が経って、気が付いたら増えている」という形にしたいです。

近藤 会社の制度を利用し、入社した時から毎月、自社株を少しずつ積み立てて購入しています。会社の株価が入社時と比べて上昇し、収益は出ています。今年から会社で「401k(確定拠出年金)」が導入されましたが、運用して増やしたい気持ちはあっても、いざ自分で始めるとなると、どうすればいいのか分かりません。

相川 私は貯蓄だけで、資産運用の経験がゼロで詳しい知識もないのですが、将来に備えて運用でお金を増やしたいと思っています。「NISA(少額投資非課税制度)」は始めやすそうなイメージがありますが、仕組みも分からないのでちょっと勉強したいですね。

(写真左から)鈴木さん、近藤さん、相川さん

お金は「育て方」で変わる

大森 資産運用に興味はあるけれど、よくわからないと思う人が私も含めて多いと思います。まずは貯蓄と投資の違いを教えて下さい。

池田 貯蓄は、元本は保証されるのでお金が減ってしまうことはありません。ですが、現在の低金利では大きく増やすことは難しいですね。一方、投資は、価格の変動はありますが、運用次第で資産を大きく増やすことも可能になります。植物を育てる時、同じ花のタネでも、与えた肥料や水で咲く花の美しさが変わるように、お金も育て方によって成果が変わってくるのです。

大森 お金の育て方にはどのような方法があるのでしょうか?

池田 国内外の株式、社債や国債、FX、投資信託、外貨預金、純金積立など様々な方法があります。例えば投資信託は、投資家からお金を集め、運用のプロが投資を行います。株式を直接買うよりローリスクですが、もちろん預貯金よりはリスクがあります。

コツコツと積み上げる「インカム収益」

大森 投資の「リスク」は「怖い」「損をする」というイメージがあります。

池田 リスクとは、投資の世界では、不確実性のことで、価格の振れ幅を意味します。例えば、株式投資を行う場合、株価が上がったり下がったりしますが、その振れ幅がリスクです。振れ幅が大きいと、大きな収益を得られる可能性がありますが、損をする可能性もあります。

大森 リスクが大きいと、手が出しにくいですね。

池田 実は、投資の収益には2種類あります。一つ目は、株式など保有する資産を売却することによって得られる収益、「キャピタル収益」です。キャピタル収益を狙った投資は、大きな利益も狙うことができますが、下がる可能性もあります。皆さんの「リスクが大きい」「損をする」「怖い」というイメージはこちらではないでしょうか。

 一方、二つ目は、債券の利子や株式の配当金など、資産を持っていることで安定的に継続して得られる「インカム収益」です。こちらは、時間をかけてコツコツと積み上がっていくことが特徴です。最近では、リスクを抑えるために、株式の値上がり益などのキャピタル収益ではなく、継続的に収益を受け取ることが期待されるインカム収益に着目し、相対的に安定した利回りを得られる資産を選ぶ投資の方法も人気です。

大森 なるほど。「インカム収益」というのもあるのですね。

相川 全然知りませんでした。リスクを抑えて、継続的に利益を得られるのはうれしいですね。

リスクを抑える分散投資 

池田 また、リスクを抑える方法としては、先ほどお話しした「インカム収益」に着目した投資で振れ幅を抑えることも方法の一つですが、その他に、国際分散投資という考え方があります。

 投資の世界では、「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。卵をいっぱい持っていて、一つのカゴに全部の卵を入れていると、カゴを落としてしまったら卵は全部割れてしまいます。でも、いくつかのカゴに分けていれば、他のカゴの卵が残りますよね。これは、一つの銘柄や資産、国に偏った投資を行うのではなく、複数に分散させたほうがよい、という考えです。金融庁の資料でも、1993年からみると、特定の資産だけに投資するよりも、国際分散投資した結果が一番良かったという試算がでています*1

近藤 会社で「401k」を始める時に、新興国は、リスクは高いけれども利益の出る可能性が高く、自分の責任で選びましたが、やっぱり国などを分散させるのが一番いいのかなあと思いました。

(写真左から)J.P.モルガン・アセット・マネジメントの岡本桂一氏、ファイナンシャルプランナーの池田洋子氏

投資も食事もバランスで健康に

岡本 分散投資について、食事を例にあげると、唐揚げばかり食べていると栄養が偏って体調を崩しかねませんよね。投資も同じで何か魅力的なもの、自分が好きなものだけに投資をせずに、バランスをとることで資産の「健康」を保つことが可能と考えています。

池田 また、「時間分散」といって、毎年、毎月、局面に分けて投資をしていくことで安定的な収益が得られるという考え方もあります。積立などを使って時間分散していくことも大切だと言えるでしょう。

大森 資産運用も分散すること、そしてバランスが大切なのですね。具体的にはどんな選択肢があるのでしょうか。

インカム収益に着目した「JPMベスト・インカム」

池田 投資初心者が始めやすい商品として、投資信託があります。投資信託は、投資のプロが投資家に代わって様々な資産に分散投資を行い、運用をしてくれます。つまり投資家は一つの投資信託を保有しただけでも、分散投資の効果が期待できるのです。いま、日本には5000本以上の投資信託があり、その中には、先程ご説明したインカム収益を得られる資産を選んで投資しているものも注目されています。

大森 例えば、J.P.モルガン・アセット・マネジメントではどんな商品がありますか?

岡本 当社の「JPMベスト・インカム」という投資信託では、世界80カ国・地域の約1800銘柄に分散して「インカム投資」をしています*2。世界の様々な資産から、インカム収益を受け取ることができる銘柄を厳選して投資を行っており、ファンドの設定以来、継続的にお客様に安定したインカムをお届けしています。

【世界で人気!「ヘルシー」な投資信託とは?~働く女子のマネー座談会(後編)へ続く】

座談会出席者
池田洋子氏(一般社団法人金融知識スタディ協会代表理事・ファイナンシャルプランナー)
岡本桂一氏(JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 投資信託部 シニア・リレーションシップ・マネジャー)
鈴木優子さん(仮名/39歳会社員)
近藤麻里さん(仮名/39歳会社員)
相川絵美さん(仮名/35歳臨床検査技師)
大森亜紀(「大手小町」編集長)

*1 出所:金融庁「平成25年度税制改正要望項目」
*2 2017年3月末時点の投資先ファンドのデータ。国・地域、資産については、J.P.モルガン・アセット・マネジメントの判断に基づき分類したものです。

当ファンドは、投資先ファンド「グローバルインカムファンド」を通じて実質的な運用を行います。本記事では、投資先ファンドである「JPモルガン・インベストメント・ファンズ-グローバル・インカム・ファンド」(各シェアクラスを統合したファンド全体)または、その「Iクラス(円建て、円ヘッジ)」を「グローバルインカムファンド」といいます。

J.P.モルガン・アセット・マネジメントは、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーおよび世界の関連会社の資産運用ビジネスのブランドです。

投資リスク
当ファンドは、投資先ファンドを通じて投資を行い、国内外の債券、株式、リート、その他の有価証券を主な投資対象としますので、金利の変動、株式市場、リート市場、為替相場その他の市場における価格の変動により、保有している債券、株式、リート、その他の有価証券の価格が下落した場合、損失を被る恐れがあります。

収益分配金に関する留意事項
● 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
● 分配金は、決算期中に発生した収益(運用管理費用等の経費控除後の配当等収益および評価益を含む有価証券の売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも決算期中におけるファンドの収益率を示すものではありません。
● 受益者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
● 毎月決算型は毎月決算を行い分配を行うことを目指しますが、分配が行われない可能性があります。また、年4回ボーナス分配を行うことを目指しますが、ボーナス分配が行われない可能性があります。

ファンドの費用
■ 購入時手数料:手数料率は3.24%(税込)を上限とします。
■ 運用管理費用(信託報酬):純資産総額に対して年率1.0044%(税込)
■ 実質的な負担(概算):純資産総額に対して年率1.60%程度(税込)(投資先ファンドにおける運用管理費用を含む。) グローバルインカムファンドに純資産総額の99.9%を投資した場合のものです。投資先ファンドの組入比率により、実際の負担と異なる場合があります。
■ その他の費用・手数料(実費相当額):・有価証券の取引等にかかる費用・外貨建資産の保管費用・信託財産に関する租税・信託事務の処理に関する諸費用・交付目論見書の印刷費用・グローバルインカムファンドにおける事務管理費用(上限:同ファンドの純資産総額に対して年率0.11%)・監査費用(上限年間324万円(税込)) 等
※ファンドの費用の合計額は、ファンドの保有期間等により変動し、表示することができないことから、記載していません。ファンドの費用および投資先ファンド等、詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

投資信託説明書(交付目論見書)はこちらのリンクからご覧いただけます。 年1回決算型 毎月決算型

本記事はJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社のスポンサードコンテンツです。ファンドの取得のお申込みにあたっては、販売会社において投資信託説明書(交付目論見書)および交付目論見書補完書面をあらかじめまたは同時にお渡ししますので必ず内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動します。従って元本保証はありません。

<設定・運用>
商号等:JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第330号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会