「みそ」の発酵パワーで健康と美肌を守る!

菌活・腸活、おなかの健康は毎日のみそ汁で

 日本の伝統的な発酵調味料「みそ」が、美容面からも注目を集めています。全国味噌工業協同組合連合会が設立した「みそ健康づくり委員会」(事務局・東京)では、大学の研究者らと協力して様々なみその健康効果をPRしています。

 みそは、大豆や米、麦などをこうじ菌を使って発酵、熟成させて作るもの。大豆に含まれる不飽和脂肪酸のリノール酸が血中のコレステロールの上昇を抑えたり、カルシウムが骨粗しょう症の予防につながったり。マウスを使った実験では肥満抑制効果も報告されています。中でも最近、注目を集めているのが、「腸内フローラ」を整えるおなかの健康のこと。腸内には、顕微鏡でみるとフローラ(花畑)のように群生している、100種類以上の腸内細菌がいます。みそは、腸内細菌の中でも、乳酸菌など体に良い働きをする善玉菌を増やすという研究報告があります。

 最近では「シールド乳酸菌」という乳酸菌に着目したみその商品も登場しています。発売元は「神州一味噌みそ」で知られる宮坂醸造で、商品名は「おみそ汁で乳酸菌」。同社の町田卓也さんは、「元々みそにはおなかの健康を支える3つの要素『乳酸菌』『オリゴ糖』『食物繊維』が入っています。これが腸の中の善玉菌を活性化させ、女性のひそかな悩み、便秘の解消にもなります」と話します。

みその歴史は1300年

 みその起源は古代中国のひしおといわれ、日本では701年の書物にその文字が登場します。みその歴史は、なんと1300年にも及ぶのです。江戸時代には、みそ汁が庶民の味として浸透し、「みそは医者いらず」という言葉があるほど、昔から、みその栄養価の高さは知られていました。

 みそは塩分が高いというイメージがありますが、みそ汁1杯分の塩分は約1.2グラム。ポタージュスープの1.5グラムと比べても必ずしも多くはありません。それでも塩分が気になる人は、カリウムの多い緑黄色野莱やいも類、海草類を具に入れることをおすすめします。塩分が問題になるのは、ナトリウムのとり過ぎが高血圧の原因になるから。同時にカリウムを摂取すると、ナトリウムが体外に排出されやすくなるのです。

 また、みそには「うま味成分」があり、少量の使用でも、料理の味がおいしく感じられます。むしろ、みそを塩代わりに使えば、塩分の減少に役立ちます。

みそを使ったヘルシーレシピ

 宮坂醸造が提案する「味噌レシピ」の中から、初夏におすすめのレシピを紹介します。

「もずくとおくらのおみそ汁」
 旬のおくらを使って、海藻たっぷりおみそ汁を。おくらは塩でもんでからゆでると、うぶ毛が取れて色もあざやかになります。おくらの切り口はお星様の形。みそ汁をわんに注いだら、トッピングして飾りましょう。

もずくとおくらのおみそ汁

【材料】4人分
・もずく 200g
・おくら 4本
・みそ お玉2/3(約65g)
・だし汁 3カップ
・白ごま 適宜

【作り方】
(1)もずくは洗ってから、食べやすい長さに切っておきます。
(2)おくらは塩でよくもんでから、熱湯でさっとゆでて冷水にさらし、水気を切ります。
(3)だし汁を温め、もずくを入れ、みそを溶き加えます。
(4)(2)のおくらを小口切りにして加え、さっと火を通します。椀に注ぎ、お好みで白ごまをふっていただきます。

「ピリ辛みそソース」
 お好みの野菜にピリ辛のみそソースを付けて食べるサラダ。みそソースは作り置きしておけば、パンに塗ったり、サラダに添えたりして、いつでも食べられます。

ピリ辛みそソース

【材料】4人分
・みそ 大さじ6
・豆板醤 小さじ1
・酢 大さじ2 ・砂糖 大さじ3
・酒 大さじ1
・ごま油 小さじ2
・すりごま 大さじ2

【作り方】
(1)ピリ辛みそソースの材料を全部混ぜ合わせます。
(2)お好みの野菜を用意して、ピリ辛みそソースをつけていただきます。

「大根おろしとヨーグルトの甘味噌だれ」
  独特の香りと大根のしゃりしゃりした食感が楽しい、みそを使ったデザートです。

大根おろしとヨーグルトの甘味噌だれ

【材料】4人分
・大根おろし 大4
・水 120ml
・粉寒天 4g
・減塩みそ 大2強
・蜂蜜 大4
<A>
・ヨーグルト 200g
・生クリーム 80ml
・レモン果汁 大さじ1強
・砂糖 大2

【作り方】
(1)大根おろしを用意します。
(2)鍋で水を沸かし、粉寒天を溶かします。火を止め、大根おろしを加えてよくかき混ぜます。
(3)(2)にAの材料を加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やし固めます。
(4)減塩みそと蜂蜜を混ぜ、たれを作ります。お好みで白ワイン少々で延ばしても、おいしくいただけます。
(5)(3)冷やし固まったら、スプーンで崩しながら器に盛り付けます。レモン果汁(分量外)をふりかけ、(4)のたれを添えます。