アートを本で知る「TOKYO ART BOOK FAIR」

 世界各国のアート本を集めたブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR(TABF)2017」が10月5日から8日まで開催されています。会場は東京・天王洲アイルの寺田倉庫。会期中は周辺のギャラリーや工房などでもアートイベントが開かれ、水辺を歩きながら芸術の秋を満喫できます。

 今回で9回目となるTABFには、国内外の出版社や書店、アーティストら約350組が参加予定です。アート本と一口に言っても、絵画、写真、建築、工芸など分野は多岐にわたり、画集からアーティストが作った1点ものの作品まで実に多彩な本が並びます。

 今年の目玉の一つは、「Book Design Works by Tadanori Yokoo」。画家の横尾忠則さんがデザインを手がけた書籍や雑誌など約250点が一堂に会します。「書を捨てよ、町へ出よう」「少年マガジン」「流行通信」など、いまや伝説となっているブックデザインは必見です。

 2015年にスタートした「Guest Country」は、一つの国や地域に焦点をあてて紹介する特別企画で、今年のテーマは「アジア」。中国、韓国、台湾、シンガポールで世界的に注目されている4人のキーパーソンが選んだ書籍や小冊子が展示、販売されます。

主催: MilK JAPON、SLOW HOUSE

 会場周辺のギャラリーや店でも関連イベントが目白押し。運河沿いのライフスタイルストア「SLOW HOUSE」では、キッズ・ファッション雑誌「MilK JAPON」と連動して、子どもたちへの贈り物にぴったりのステキな絵本が並びます。

(C)Yosuke Yajima

 10月5日にオープンした「IMA gallary」では、「ポストトゥルース時代のポートレイト」をテーマに、矢島陽介ら6人の若手日本人写真家によるグループ展「BEYOND 2020」がこけら落としとして開かれます。

 過去最大規模のTABFの詳細は、公式サイトで。