玄理の疲れを癒やすのは、漢方薬の苦みか人生初の趣味か

子供の頃、家族旅行で温泉に行くのがあんまり好きじゃなかった。何が楽しいかわからなかったし、湯気でもやもやしてるし、遊ぶものもないしご飯の量はやたら多いし。なぜ大人はそんなに湯につかりたいんだろうと心底不思議だったのも30年前。今は隙あらば温泉に行きたい。足湯でもいい、足先でいいから硫黄なのか何かしらの成分で私の疲れを癒やしてほしい。

仕事で韓国に行く、と友人に告げると、ちょっと前まで「パック買ってきて! コスメ買ってきて!」だったのが「めっちゃ効く滋養強壮剤あるからそれ薬局で買ってきて! 高いからお金は払う!」になりつつある。

皆さんはご存じだろうか。「牛黄清心丸」という金箔きんぱくに包まれたボール状の漢方薬で、匂いが強烈である。この世の苦さを煎じ詰めたような香り。日本では近年、会食が多い人界隈で有名らしい。昔、父がよく食べていた記憶はあるが、あまりに臭いので一生自分が口にすることはないと思っていた。まさか友人にお使いを頼まれるとは、などと話し、実家にあったものを父に勧められるままひとかじり食べてみたら想像を絶する味だった。これを食べて元気になるくらいなら、少しくらい具合悪くたっていい……。後味が消えないまま立ち寄った薬局のおばちゃんにそう告げると「あんたはまだ本当の具合の悪さを知らない」と笑われた。

玄理 牛黄清心丸
金箔につつまれた牛黄清心丸(写真提供:玄理さん)

指先に全神経を集中させて

そんなふうに自分も周りも、年齢と共に趣味嗜好しこうは変わっていく。最近の私のひそかな趣味は「金継ぎ」だ。

「金継ぎ」は、割れてしまった、あるいは欠け、ひびの入った陶器などの器を補修する日本古来の修復技法である。

最初に始めたのは5年くらい前だろうか。友人で、料理研究家の谷尻直子さんに手ほどきしてもらった。ものぐさな私の性格をよく分かってか、直子さんは最初から東急ハンズで金継ぎに必要なものを一式買い揃えておいてくれた。最近知ったのだが、金継ぎにはさまざまな方法があるらしい。伝統的なやり方では漆を塗って一晩置いたり、ご飯粒からペーストを作ったりするのだが、私が習ったのは結構近代的な、瞬間接着剤とすぐ固まるパテを使った方法だった。これがせっかちな私の性格によくあっていたのだと思う。

私が習った金継ぎの工程を大まかに書くと

1. まず器を奇麗に洗いよく乾燥させておく
2. 割れ、欠けのかけらがあれば陶器用接着剤で接着
3. 接着面、ヒビにパテを塗り込んでいく
4. 爪を立てて跡がつかないくらいに乾いたら、目の粗い紙やすりから目の細かい紙やすりへと順にやすっていく。
5. 指で触って凹凸がないくらい滑らかになったら、漆と金粉を専用の薄め液で混ぜ、筆
で模様をつけていく
6. 24時間~48時間放置したら完成!

手際よくやれば1~5まで2時間足らずで出来る。

金継ぎをして、器に模様が出来たり変わったりするさまを「景色が変わる」と言う。最後の金粉を塗る作業がどきどきして楽しいのはもちろん、私が一番好きな工程は4のやすりだ。ここは焦っても奇麗に出来ないし、平らになったかなーまだかなーと指先に全神経を集中させると心が落ち着く。

出来た後の器への愛着もひとしおだ。以前ならお皿を割ってしまうと「あーあ」と嫌な気持ちになるところが、今なら「金継ぎの材料できた!」とやたらポジティブになれる。とは言ってもそんなに年中皿が割れるわけでもないので、半年に1回、友達と皿を持ち寄っては粛々とお皿の景色を変えるのだ。

玄理 金継ぎ
グラスやマグカップ、器などの欠けやひびを修復することによって美しい景色が表れた(写真提供:玄理さん)

先述の漢方薬が欲しい友人のお母様は以前から金沢の工房に金継ぎを頼むくらい金継ぎが好きだったという。プロが手がけた金継ぎを見せてもらったら、元々の柄かと思うくらいしっくりピッタリ器になじんでいて、「うわあすごい」と声が出た。金色というよりは灰色がかった褐色の線で割れ目が縁取られており、何とも言えない味わいなのだ。

思えば今まで趣味という趣味がなかった。バレエもジャズダンスも、日本舞踊も乗馬も結局全部仕事のためにやっていた。特に何の役に立つわけでないけど、いま生まれて初めての趣味がようやく出来て、静かにうれしい。

玄理さんのコラムはこちら

俳優の玄理さん
玄理(ヒョンリ)

俳優

1986年、東京生まれ。中学校時代にイギリスに短期留学。大学在学中、留学先の韓国の大学で演技を専攻。日本語、英語、韓国語のトライリンガル。2014年、映画「水の声を聞く」に主演し、第29回高崎映画祭最優秀新進女優賞などを受賞。17年にソウル国際ドラマアワードにてアジアスタープライズを受賞。近年の出演作に映画「スパイの妻」、「偶然と想像」、ドラマ「君と世界が終わる日に」などがある。ラジオ番組「ACROSS THE SKY」(J-WAVE)でナビゲーターを務めている。オフィシャルインスタグラム@hyunri__official

Keywords 関連キーワードから探す