最も妊娠しやすい日は? 産婦人科医・高尾美穂先生に聞いてみた

産婦人科医として診療を行うかたわら、テレビや雑誌などのメディアや講演活動を通じて、女性の健康やメンタルヘルスに関する情報を発信している高尾美穂先生。みなさんの体の悩みに答えるQ&A連載です。

【高尾美穂先生のQ&A】全部読む

Q. 私も夫も子どもが欲しいと思っています。排卵日が一番妊娠しやすい日ですか?

A. 排卵当日の妊娠確率はむしろ低いです。

排卵日の2日前が最も妊娠しやすい日と言えます。排卵当日は排卵日の5日前と同じ程度まで妊娠の確率が落ちるのです。生理が終わってから排卵までの間に、3日に1回は性交渉をトライしていただけると妊娠の確立は高くなります。

【高尾美穂先生に聞いてみた】生理でない日に不正出血…なにか病気では?

でも、実際は難しいですよね。仕事や家事で疲れていたり、パートナーの帰りが遅かったり……。妊娠を希望しているなら、2人でよく話し合い、気持ちを合わせて望ましい生活スタイルにシフトしていってください。1年間頑張って妊娠しなかった場合は不妊症と言えるので、婦人科を受診しましょう。

(読売新聞メディア局 深井恵)

【あわせて読みたい】

高尾美穂(たかお みほ)
産婦人科医

医学博士・産婦人科専門医。イーク表参道副院長。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。ヨガ指導者。テレビ、雑誌、SNSなどを通じて女性の健康に関する情報を発信している。音声配信アプリstand.fmで毎日配信している番組「高尾美穂からのリアルボイス」では、リスナーのさまざまな悩みに回答。著書に「心が揺れがちな時代に『私は私』で生きるには」(日経BP)、「生理周期に合わせてやせる!超効率的フェムテックダイエット」(池田書店)などがある。

Keywords 関連キーワードから探す