生理不順は妊娠しにくい? 産婦人科医・高尾美穂先生に聞いてみた

産婦人科医として診療を行うかたわら、テレビや雑誌などのメディアや講演活動を通じて、女性の健康やメンタルヘルスに関する情報を発信している高尾美穂先生。みなさんの体の悩みに答えるQ&A連載です。

【高尾美穂先生のQ&A】全部読む

Q. 生理不順で、毎月周期が数日ずれます。将来、妊娠しにくくなるのでしょうか?

A. 生理周期に多少のずれはあるものです。 

生理が毎月ぴったり同じ周期でくるのが正常で、少しでも遅れたり早まったりするのは生理不順だと思っている人が意外と多いのですが、生理開始日から次の生理が始まる日の前日までの間隔が25~38日で、その変化が6日以内であれば正常です。ストレスによって一時的に遅れることもありますし、翌月に生理がほどほどのタイミングで来たなら心配する必要はありません。

【高尾美穂先生に聞いてみた】PMS(月経前症候群)はホルモンバランスの乱れが原因?

妊娠に関しては、排卵日が予測しづらいのでタイミングを取りにくいという問題はありますが、排卵があれば自然妊娠は可能です。なお、排卵のある生理周期かどうかは基礎体温をつけなくてはわかりません。生理が毎月ピッタリ同じ周期で安定して来ます、という人以外は、自分のコンディションを把握するために基礎体温をつけることをおすすめします。

(読売新聞メディア局 深井恵)

【あわせて読みたい】

高尾美穂(たかお みほ)
産婦人科医

医学博士・産婦人科専門医。イーク表参道副院長。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。ヨガ指導者。テレビ、雑誌、SNSなどを通じて女性の健康に関する情報を発信している。音声配信アプリstand.fmで毎日配信している番組「高尾美穂からのリアルボイス」では、リスナーのさまざまな悩みに回答。著書に「心が揺れがちな時代に『私は私』で生きるには」(日経BP)、「生理周期に合わせてやせる!超効率的フェムテックダイエット」(池田書店)などがある。

Keywords 関連キーワードから探す