林遣都・仲野太賀「初恋の悪魔」想像しなかった未来、人生って面白い

初恋の悪魔(日本テレビ系)土曜午後10:00
停職処分中の刑事・ 鹿浜鈴之介しかはますずのすけ (林遣都)のもとに、同じ警察署で総務課の 馬淵悠日まぶちはるひ(仲野太賀)、生活安全課の 摘木星砂つみきせすな (松岡茉優)、会計課の 小鳥琉夏ことりるか (柄本佑)が集まった。それぞれ訳ありの4人が、刑事と異なる感性で難事件を解明する。

数々の話題作を手がけてきた坂元裕二のオリジナル新作で、そろって主演を務める。仲野は「(林と)初めて出会った頃は、こんな未来、想像もしていなかったし。『人生って面白くない?』って思えてしまう」と笑顔を見せる。

林遣都さん(左) 仲野 太賀さん(右)

2人の出会いは、林のデビュー作であり初主演した映画「バッテリー」(2007年)での共演だった。当時は仲野もデビューしたばかりで、林は「俳優という仕事で一番古い関係」といい、「(取材中に)しゃべりながら、いろんなことを思い出して、感慨深いですね」と話す。

本作は、2人に松岡茉優と柄本佑を加えた4人組が、不可解な事件の謎を解き明かしていくミステリーだ。4人は同じ警察署に勤務しているが、林は停職中の刑事、仲野は総務課職員で、正規の捜査はできない。偶然集まっただけの4人について、仲野は「個性も違うし、友達でもなければ、仲間意識も元々ない。それでも集まった時に、なぜかグルーブ感が生まれる」と評する。

テンポの良いコミカルな会話劇は、坂元ドラマの神髄といえる。脚本の下読み段階から「ワクワクしていた」という林は、「掛け合いでそれぞれが何を感じ合うかを大事にしていきたい」と意気込む。

取材中の2人は対照的で、林は言葉を慎重に選びながら語り、仲野はセリフのようなコメントを交えて軽妙に話す。俳優として歩んだ道も異なるが、私生活では仲が良く、常に互いを意識し合ってきたという。「俳優として、たぶん重要な局面で、違う川を流れてきた人間が合流する。それって本当に幸せですよ」。仲野の言葉から、本作が2人の俳優人生で大きな節目になる予感がした。

初めて抱いた恋心

Q 「初恋」の思い出は。

 ずっと恋心を抱いていた小学校の同級生に、冷たく接していたこと。

  仲野 小学2年の頃、同じクラスの女の子が、自分とほぼ同じコーディネートの服を着ていた時に意識しましたね。

Q 鈴之介は「凶悪犯罪オタク」ですが、何かオタクと自称できるものは。

 最近は山登り。自然と触れる機会を意識的に持つようにしています。

  仲野 インターネットのグルメサイト。やたらと、グルメ検索しています。

 (文・笹島拓哉 写真・佐藤俊和)

あわせて読みたい

林 遣都(はやし・けんと)

1990年12月6日生まれ。滋賀県出身。「おっさんずラブ」「火花」など話題作に出演。

仲野 太賀(なかの・たいが)

1993年2月7日生まれ。東京都出身。BSプレミアムで放送中の「拾われた男」(Disney+が独占配信)でも主演。

Keywords 関連キーワードから探す