グルカサンダル…夏だけで終わらせない、秋のコーディネートも紹介

今シーズンも注目される「グルカサンダル」は、革を編み込むなどして甲部分を深く覆っているのが特徴だ。素肌が見える面積が小さいので、薄着の季節でもきちんとした印象になり、一足持っていると便利だ。

グルカサンダルは、旧英領インド軍の民族兵(グルカ兵)の軍靴が起源とされ、元々はメンズアイテムだった。近年、レディースでも多様なグルカサンダルが展開されている。東武百貨店池袋本店で婦人靴を担当する剣持 はな さんに、お薦めを紹介してもらった。

足の甲を深く覆う「グルカサンダル」。左から「モードカオリ」、「卑弥呼」、「ビューウォーク」の商品(東武百貨店で)
足の甲を深く覆う「グルカサンダル」。左から「モードカオリ」、「卑弥呼」、「ビューウォーク」の商品(東武百貨店で)

幅広い年代が楽しめる

「卑弥呼」の白のサンダル(2万2000円)は、メンズアイテムらしさを残した基本の形。今年らしいややごつごつとした底は、軽くて歩きやすい。「上下ともに白や薄いベージュでそろえたワントーンコーディネートの足元に合わせると、型押しの革が際立ち、サンダルが主役の装いになります」と剣持さん。

「モードカオリ」のキャメルのサンダル(1万7050円)は、スクエアトゥと細めのストラップがエレガントだ。「デニムやワイドパンツはもちろん、自然な色味なので、カラーパンツとの相性も抜群です」

グルカサンダルのデザインは、コンフォートシューズのブランドも取り入れる。「ビューウォーク」の黒いサンダル(1万8700円)は、足の甲を深く覆い、ストラップも太いので安定感がある。サンダルが苦手な人にもお薦めの一足という。

剣持さんは「基本のデザインにアレンジが加わった商品が増え、対象年齢層も広がっている。ぜひ幅広い年代の人に楽しんでほしい」と話す。

人気のブランド「イエナ」広報担当にコーディネートを聞いた

グルカサンダルを取り入れたコーディネートを、女性に人気のブランド「イエナ」広報担当の大崎風花さんに教えてもらった。

 

(右)ベージュのグルカサンダルを茶色のワンピースに合わせ、落ち着いた印象に (左)白のグルカサンダルをモノトーンの装いで
(右)ベージュのグルカサンダルを茶色のワンピースに合わせ、落ち着いた印象に (左)白のグルカサンダルをモノトーンの装いで=ともに園田寛志郎撮影

用意したのは「パスクッチ」のベージュと白のグルカサンダル(各2万6400円)。細めの足幅が大人っぽく上品だ。

お薦めはワンピースとの組み合わせ。大崎さんはベージュを、茶色のふわっとしたワンピースと合わせた。「足元を白や黒にするとコントラストが強いですが、中間色のベージュは肌なじみが良くなります」。かわいらしい印象のパフスリーブも、グルカサンダルとの組み合わせで落ち着いた雰囲気になる。

一方、涼しげな白は、モノトーンコーディネートの主役に。白いインナーに白の膝丈パンツ、黒のリネンジャケットのシックな装いに合わせる。「パンプスに比べ、『仕事着感』が和らぎます」。カラフルな服が多くなりがちな夏だからこそ、モノトーンが際立って見える。

大崎さんは「春や秋には靴下と合わせて履くのもおすすめ。夏に限らず長く楽しめます」と話している。(読売新聞生活部 福元理央)

◎価格はセールなどで変動することもある。

 

Keywords 関連キーワードから探す