夏の定番「ボーダーTシャツ」でクールなリンクコーデ

夏の定番「ボーダーTシャツ」は、涼しげな印象で着心地も快適。カジュアルにも上品にも着こなせる、人気アイテムです。フランスの老舗ウェアブランド「Armor-lux(アルモリュクス)」の新作ルックから、タイムレスに使えるコーディネートプランをご紹介します。

リラックスパンツと合わせて、くつろいだ休日ルックに

汗ばむ季節は、体を締め付けないストレスフリーなファッションがオススメ。ロングスリーブのベーシックなボーダーTシャツを選べば、ほどよい大人のカジュアルに仕上がります。

宮田理江のモード日和6月
“きれいめ”を狙うなら、Tシャツの裾をウエストイン

ボトムスにゆったりしたパンツを合わせて、リラックス感があふれる休日ルックに。トップスをインして、ウエスト位置を高く見せることでスタイルアップ効果も。

宮田理江のモード日和6月
この夏のトレンド「ショートパンツ」を大人っぽく着こなすなら、ベージュや白黒などのモノトーンカラーを選んで

人気上昇中のショートパンツですが、露出が多すぎると子供っぽい印象に。きちんと感を保ちつつ、はつらつとした雰囲気を演出するには、膝丈のキュロットパンツがオススメです。ロングスリーブのボーダーTシャツと合わせて、大人のマリンスタイルに。

ボーダー×黒パンツで、ワンランク上のリンクコーデ

モノトーンのボーダーにスラックス風の黒パンツを合わせると、モダンでスタイリッシュな仕上がりになります。ジェンダーレスな着こなしなので、カップルのリンクコーデにもぴったり。

宮田理江のモード日和6月
おしゃれ度が高い、技ありリンクコーデ

同じデザインの服を着るペアルックと違い、リンクコーデは “外し”を楽しむ着こなし。”女性は半袖モノトーンのボーダーTシャツに黒パンツ、男性はブルトンストライプのトップスに黒パンツを組み合わせて、「さりげない“おそろいっぽさ”」があるコーデに。

シックな黒パンツとモダンなボーダーの合わせ技で、クールさが際立ちます。トップスの裾はウエストにインしましょう。黒の引き締め効果で、腰から下がすっきりシャープに映ります。

ダブルブレストのジャケットを羽織って、マリン×トラッドスタイル

ジャケットを羽織り、トップスのボーダー柄をのぞかせてアクセントにするコーデをご紹介。オフィスにも着ていける、上品なスタイリングです。

宮田理江のモード日和6月
白のパンツにバレエシューズで、チャーミングに

決め手は端正なダブルブレストのジャケットです。ダブルブレストは軍士官の制服が元になっていて、2列の前ボタンが特徴。「きちんと感」があるので、きれいめコーデに合わせやすい重宝なアイテムです。

襟のVゾーンが浅めなので、ボーダー柄の見え加減が程よく、マリン×トラッド気分でカジュアルに着こなせます。白のクロップドパンツは、夏らしいさわやかさや清潔感をアピール。足元のバレエシューズで軽快さを演出します。

フランス海軍にも採用された、タイムレスなボーダーTシャツ

ブランドの誕生から70年以上の歴史がある「アルモリュクス」はフランス海軍にも採用されたブルトンシャツ(ボートネックのボーダーシャツ)で知られています。アンダーウエアを起源に持つだけに、肌触りがソフトでありながらしっかりとした素材感。ユニセックスのブランドだから、着こなしバリエーションも多彩。トレンドに流されないタイムレスなアイテムを自分好みにアレンジできます。東京・中目黒に4月、国内初の路面店がオープンしたばかりです。

宮田理江のモード日和6月
開放的な空間に豊富なぞろえ(中目黒店)

見慣れた感じのあるボーダーTシャツだからこそ、納得できる品を選び抜きたいものです。品質にこだわったアイテムなら、スタイリングに一工夫を加えるだけで、ありきたりのイメージから抜け出せます。シンプルだからこそ、着こなしのパターンを増やせば、ヘビーローテーションで着回しやすくなりそう。夏本番を前に、早めの「予習」がおすすめです。

画像協力:アルモリュクス
https://armorlux.jp

あわせて読みたい

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト

Keywords 関連キーワードから探す