【2022年夏】ニコライ・バーグマン庭園、アジサイ800株の彩り

フラワーアーティストのニコライ・バーグマンです。2022年4月15日に神奈川県の箱根・強羅に「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」をオープンしました。季節ごとの見どころや楽しみ方について、私が撮影した写真と共に「ガーデンレター」として定期的にお届けできればと思っています。自然の織りなす美しさ、時には厳しさも感じていただけたらうれしいです。

【写真】ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ…季節の花々

ご存じの方も多いと思いますが、私はデンマーク出身です。日本でフラワーデザインブランド「Nicolai Bergmann Flowers & Design」をスタートし、日本を拠点に20年以上活動しています。フラワーアーティストが扱うのは主に生花です。そのため、自分が作った作品は後には残りません。いつか自分がいなくなった後でも残せる作品はできないかと考えていました。

フラワーアーティストのニコライ・バーグマンさん
フラワーアーティストのニコライ・バーグマンさん(Nicolai Bergmann Flowers & Design提供)

いつ来ても新しい景色を

東京で暮らしている中で、ふと自然に触れたくなった時、東京からすぐに行ける自然があふれる場所として箱根をよく訪れていました。ある日、「FOR SALE」の看板を見つけ、出会ったのがこの強羅の土地でした。平地ばかりのデンマークでは見ない山の地形、手つかずの美しい自然にインスピレーションを感じ、公園を作ることを思いつきました。

この土地を見つけてからおよそ8年、そのうち5年を制作期間に費やし、ようやくオープンに至りました。ここはよくあるカラフルな花で埋め尽くされたフラワーガーデンではありません。箱根の大自然を最大限に生かし、鳥のさえずりを聴きながら森の中を散歩していると、私が作ったフラワーオブジェや季節の花が点在していて、自然と花にふれあい、癒やされる、そんな場所を目指しています。

ニコライニコライ・バーグマン箱根ガーデンズのアジサイ・バーグマン箱根ガーデンズのアジサイと新緑
森の緑も美しい

ガーデンを作る過程では、想定外のこともたくさんありました。寒さでうまく育たないだけでなく、チューリップやムスカリの球根や葉が柔らかいギボウシは、イノシシやシカに食べられてしまいました。そんなこともあって、約250種類の植物を育ててみて思いついたのが、「モバイルガーデン」というコンセプトです。プランターなどに花を植えて、それをガーデン内に配置していく形です。季節ごとにガーデンのデザインを自由に入れ替えることができ、みなさんにいつ来ても新しい景色を楽しんでいただくことができます。

一番好きな花を見どころに

東京都内でもアジサイが美しく色づき始めました。アジサイは私の一番好きな花です。普段からブーケやフラワーアレンジメントでもよく使いますし、家でもよく飾っています。花が大きく、それだけで十分な存在感があるので、花瓶にシンプルにアジサイを3本生けるだけでもステキだと思います。生けるときは奇数のほうがバランスを取りやすいです。

ガーデンでも様々な種類のアジサイを見ることができ、大きな見どころの一つにもなっています。6月中旬には、エントランスから上がる坂道の右手に、約800株の西洋アジサイが咲き始めると思います。現在はつぼみの状態ですが、咲き始めから時間とともにどんどん色が変化していくものもあり、その変化も楽しめます。満開になると圧巻の景色になるはずです。私もとても楽しみにしています。

ニコライ・バーグマン箱根ガーデンズのアジサイ
エントランスから上がる坂道のアジサイはまだつぼみの状態

箱根に自生するものとは異なる珍しい品種のアジサイもあります。ポットに植えたカシワバアジサイ、ガクアジサイ、西洋アジサイなどがあり、白、グリーン、紫、ワインレッドなどカラフルです。

箱根はアジサイの名所でもありますよね。強羅まで箱根登山鉄道を使ってくる方は、これからの季節、車窓からもアジサイを楽しむことができると思います。

もう一つ、この時期ならではのとっておきの景色があります。このガーデンは、雨が降ると霧がかかって、その幻想的な雰囲気が何ともステキなんです。心が落ち着く感じがします。急な雨でも皆さんに楽しんでいただけるように、シックな色合いの傘とレインブーツの貸し出しもしています。ガーデン内のガラスのパビリオン(建物)で雨音を聴き、霧がかかる森を眺めながらランチをするのもおすすめです。

ニコライ・バーグマン箱根ガーデンズの雨の日の景色
雨が降ると庭園は幻想的な雰囲気に

そして、森の緑の美しさもぜひ今のうちに。カエデにケヤキ、ヒメシャラやクマザサなど足元も見上げる景色も緑にあふれています。夏にはいい木陰になって、心地よく散歩できると思います。季節の変わり目でちょっと疲れたなという人には、ぜひ、ここに来て深呼吸してほしいですね。いいリフレッシュになるので、一度遊びに来てください。

「箱根ガーデンレター」のコーナーでは、ニコライ・バーグマンさんが自ら手掛けた箱根・強羅の庭園の様子を交えながら、四季折々の自然の魅力を案内するコラムを随時掲載します。

ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ
住所 神奈川県箱根町強羅1323-119
詳しくは公式サイト

あわせて読みたい

子育て相談アドバイザーの谷均史・淀川キリスト教病院医師
ニコライ・バーグマン
フラワーアーティスト

デンマーク出身。スカンジナビアンスタイルのセンスと、細部にこだわる日本の感性を融合させ、フラワーデザインの世界でユニークな作品を発表し続けている。ファッションやインテリアの分野でも世界有数の企業と共同デザインプロジェクトを手がけている。現在、国内外に10店舗以上のフラワーブティック、カフェなどを展開。著書に「いい我慢〜日本で見つけた夢を叶える努力の言葉〜」(あさ出版)。2022年10月20日~23日、福岡の太宰府天満宮にて展覧会を開催予定。

Keywords 関連キーワードから探す