多部未華子、最終回「マイファミリー」の真犯人「知ってる?」

マイファミリー(TBS系)日曜午後9:00
温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)の娘らがさらわれた連続誘拐事件は、親友の東堂(濱田岳)が犯行を告白。しかし、被疑者として温人も警察に逮捕される。未知留は事件の真相と真犯人を突き止めようと奮闘する。

柔和な笑顔と朗らかな受け答え。チャーミングな印象は昔から変わらない。

ただ、今回演じる未知留は、最愛の娘・友果(大島美優)が誘拐され、鬼気迫る表情で夫や警察に詰め寄る。「やはり子どもを持つと女は強くなるというか、そういう面を見せられたらいいな。同じ母親として共感しています」。未知留はめそめそしていられない、強い母親だ。

多部未華子さん
多部未華子さん

物語は友果の事件から始まり、友人や知人の子どもも誘拐に遭う。犯人は警察の介入を拒み、未知留と夫は自分たちの手で子どもを取り戻そうと奔走する。「壊れかけていた家族の再生と絆を軸に、誘拐事件の首謀者が誰かというのがポイント。いろんな見方ができるドラマになっている」

そして最終盤で最悪の事態が起きてしまう。「自分の家族と重ね合わせたり、思い出したりして見てもらえれば」

撮影現場では、夫役の二宮和也や友人役の賀来賢人、濱田岳らが和気あいあいとしていて明るい雰囲気だ。自身は厳しい表情の多い役柄。「口数が多くなく、反省することもあるので、しゃべるきっかけを作ってもらって助かっています」

誰が犯人かはわかっておらず、現場でも話題になるらしい。「『知ってる?』とか聞いています。(自分が犯人のような)怪しい芝居でにおわせたい」と無邪気に語る。

新たな一歩を踏み出そうとする同年代へのエールを尋ねると、「楽しんだ者勝ち」と返ってきた。「私も毎日、ドラマの撮影をしたり、子どものことをしたり、プライベートな自由な時間をつくったり、全部楽しいから」

自然とあふれる幸せと充実感が、この人の魅力だ。

整理整頓にワクワク

Q 15年ぶり共演の二宮和也さんの印象は。

A ずっとしゃべっているムードメーカー。

Q 実家で家訓やルールはありましたか。

A ないです。のびのび育ってしまいました。

Q 最近ワクワクしたものは。

A 自宅の整理整頓にワクワクしています。まだしていないんですけど。整理整頓は苦手で、ものがいっぱいあるんです。

Q 子どもの頃のお袋の味は。

A コロッケかな。どうやって作っていたかはわからないですけど。

(文・読売新聞文化部・道下航 写真・守谷遼平)

あわせて読みたい

多部 未華子 (たべ・みかこ)

1989年1月25日生まれ。東京都出身。10代から俳優として活動。NHK連続テレビ小説「つばさ」でヒロインを演じたほか、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)、映画「夜のピクニック」など主演作多数。

Keywords 関連キーワードから探す