群馬県の人気キャンプ場の看板猫、おしょうさん

キャンプ場の看板ネコおしょう 愛らしい乙女のルックスなのに、「おしょう」(メス・2歳)の名をもつ看板猫が、群馬県沼田市の吹割の滝近くにあるキャンプ場「グリーンパークふきわれ」にいます。女の子なのに「おしょう」という名前の由来は、キャンプ場に迷い込んだ母猫から生まれた時、匹だけ毛が薄く頭がつるんとしていたことから。一緒に生まれたきょうだいたちはもらわれていきましたが、おしょうだけは母猫のもとに残りました。元々小さく弱々しかったおしょうでしたが、すくすく育ち、ハンティングが得意なワイルドな猫に成長。それまでキャンプ場の看板猫を務めていた母猫の引退を機にキャンプ場の2代目看板猫に就任しました。

キャンプ場の看板ネコおしょう おしょうは母猫ゆずりの人懐っこい性格の猫。というより、物事に動じない猫といった方がふさわしいかもしれません。多くのキャンパーでにぎわうキャンプ場でマイペースに過ごしています。人には自ら近づいたり、無視したり、看板猫どころか、まるでここのオーナーかのように気の向くままに行動しています。

グリーンパークふきわれ「グリーンパークふきわれ」は山や川を満喫できる人気のキャンプ場。特に初心者にうれしい気軽に行ける「手ぶらキャンププラン」や常設のテント、キャビンもあり、女性同士で利用する姿も多くありました。ピザ作り体験や、車で10分以内の所に立ち寄り湯もあり、楽しく一日を過ごせます。

グリーンパークふきわれキャンプ場の看板猫おしょうキャンプ場という自然環境の中で育ったせいか、すっかりワイルドな猫になってしまったおしょう。以前、モグラを狩りの戦利品としてスタッフに届けにきたこともあり、かわいい顔とおしょうという名とのギャップがあり過ぎです。

グリーンパークふきわれキャンプ場の看板猫おしょう広いキャンプ場なので、おしょうの存在に気がつかないキャンパーもいます。おしょうに会えるチャンスは、おしょうが過ごすことが多い管理棟内でお昼寝しているときです。運が良ければ大物感を出してカウンターの上で堂々と昼寝する姿が拝めることでしょう。

グリーンパークふきわれキャンプ場管理棟も都会のアウトドアショップのようにおしゃれ。キャンプ場はそこかしこが絵になり、どこで撮っても写真映えします。それもそのはず、キャンプ場の運営は都会から戻ってきた地元の若者たちに託されています。地元愛と洗練した感覚も兼ね備え、キャンプ場を盛り上げる、その一員におしょうも名を連ねているようでした。

グリーンパークふきわれの看板猫おしょう

グリーンパークふきわれ
住所:群馬県沼田市利根町大楊1098
 Tel0278-56-3215
https://www.greenpark-fukiware.com/

あわせて読みたい

南幅 俊輔(みなみはば・しゅんすけ)
グラフィックデザイナー&写真家

盛岡市生まれ。デザイン事務所コイル代表。現在、デザイン以外にも撮影、編集、執筆を手がける。2009年より外で暮らす猫「ソトネコ」をテーマに本格的に撮影活動を開始。日本のソトネコや看板猫のほか、海外の猫の取材・撮影を行っている。著書に「ソトネコJAPAN」「猫と世界遺産の街カレンダー」(洋泉社)、「ワル猫カレンダー」「ワル猫だもの」「サーバルパーク」(すべてマガジン・マガジン)、「どやにゃん」(辰巳出版)など。企画・デザインでは「ねこ検定」「パンダのすべて」「ハシビロコウのすべて」(すべて廣済堂出版)など。

Facebook:Sotoneko Japan Instagram:sotoneko_japan

SOTONEKO JAPAN(rakuten)

踊るハシビロコウ表紙
2022年5月12日発売 動かない鳥の衝撃の写真集 『踊るハシビロコウ』 南幅俊輔 著(ライブ・パブリッシング 1,300円・税抜き)
猫図鑑表紙
2021年11月9日発売 猫に惹かれる秘密がここにある『美しすぎるネコ科図鑑』監修:今泉 忠明 撮影:南幅俊輔(小学館 1,400円・税抜き)
モロッコのネコ 青い街・シャウエンで暮らす
2022年3月4日発『デジタル写真集」モロッコのネコ』〜青い街シャウエンで暮らす〜(電子書籍版 主婦と生活社 800円・税抜き)
Keywords 関連キーワードから探す