「シン・ウルトラマン」特撮オマージュがすごい!賛否両論渦巻く

賛否両論。私の好きな言葉です。初代ウルトラマンへの思い入れによって評価は分かれるかもしれないが、一つ確実なのは、誰かと語りたくなる映画だということ。企画・脚本は庵野秀明、監督は樋口真嗣。「シン・ゴジラ」でも組んだ2人が、俺たちが見たいのはこういうウルトラマンだ、とでも言うかのように、日本を代表するキャラクターを現代によみがえらせた。

怪獣、ではなく「 禍威獣カイジュウ 」と呼ばれる巨大不明生物が次々と現れる日本。政府は科学特捜隊、ではなく「禍威獣特設対策室」、通称・ 禍特対カトクタイ を設立し、班長の田村(西島秀俊)、神永(斎藤工)らが任務に当たっている。さらに、銀色の巨人まで出現。新たに配属された浅見(長澤まさみ)は、巨人を「ウルトラマン(仮称)、正体不明」と報告する。

渦巻きが文字になるタイトルロゴを始め、冒頭から、空想特撮シリーズに親しんだ元少年の心をくすぐり続ける。特撮や特撮風の映像にもだえる。○○越しに撮る○○など、ウルトラシリーズでも有名な実相寺昭雄監督へのオマージュのようなカメラアングルが、過剰なまでに多用される。

映画「シン・ウルトラマン」
(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

初代ウルトラマンの人気エピソードを組み合わせた構成で、主に出てくるのは凶暴な怪獣ではなく、知的な外星人。怪獣映画というよりは、異星人による地球侵略を題材にしたSFのよう。「シン・ゴジラ」の魅力の一つだった、未知の脅威に右往左往する日本政府や、それを軍事利用しようとする国際社会を風刺する要素も忘れていない。

山本耕史がうさんくさくも魅力的に演じたメフィラスとウルトラマンの人類を巡る対話には、その場所、最後のセリフを含め、大いに笑った。怪獣を地上に残すと後始末が――という、ウルトラマンのパロディーのパロディーのようなセリフもあり、遊び心がいっぱいだ。

と、魅力は語り尽くせないのだが、惜しむらくはドラマ部分が弱いこと。ラスト30分、最強の敵との戦い、禍特対の仲間たちの奮起、主人公の重大な決断――と、泣ける展開の連続なのだが、枠が決まっているテレビシリーズのようにあっさり、米津玄師の主題歌が流れ始める。もしかして感動させたく、ない? 

長澤のスタイルの良さを生かした、少年がムズムズしそうな、しかし女性が怒りそうなフェティッシュな演出を含め、やはり誰かと語らずにはいられないのである。

(読売新聞文化部 田中誠)

シン・ウルトラマン(円谷プロダクション、東宝、カラー) 1時間53分。TOHOシネマズ日比谷など公開中。

◇    ◇    ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あなたのきょうの運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す