映画「流浪の月」広瀬すずと松坂桃李、求め合う被害者と犯人に情感こめる

誘拐された女児と、犯人の大学生。事件後、交わるはずのなかった2人が再会する。そこから始まる、濃密な物語だ。主演は広瀬すずと松坂桃李。「流浪の月」は2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの同名小説を、「悪人」「怒り」の李相日監督が映画化した。描かれるのは、名前をつけようのない特別な「つながり」だが、まぎれもない純愛だ。

ファミレスでバイトをしている更紗(広瀬)は、15年前に起きた誘拐事件の被害者。事件の痕跡は今もネット上に残り、「あの更紗ちゃん」と時に好奇の目を向けられるが、曖昧な笑みを浮かべてやり過ごす。全てを知った上で、大切にしてくれる恋人・亮(横浜流星)との結婚話も進む。そんな中、訪れた1軒のバー。マスターは、かつて誘拐犯として逮捕された文(松坂)だった。以来、足しげく店に通い始めた更紗を、亮は常軌を逸したやり方で束縛するようになる。

なぜ、更紗は、憎むべき相手であるはずの文に近づこうとするのか。過去に何があったのか。観客は、心をざわめかせながら、2人の謎めいた行動の背後にあるものに目を凝らすことになる。李監督は、10歳の更紗(白鳥玉季)と文(松坂)の出会いを通し、誘拐事件の裏にある「真実」を繊細に浮かび上がらせていく。

父を亡くし、母に捨てられた更紗は伯母の家に引き取られたが、そこにいたくない理由があった。そして、家族と離れ独り暮らしをする文も、ある秘密を抱え心を閉ざしていた。居場所のない2人が、雨の降る公園で顔を合わせる。「うち、来る?」。傘を差し掛けてきた文に、更紗は自ら“誘拐”された――。

雨の中を、無言のまま、肩を並べて歩く姿を捉えたロングショットが印象的だ。厚い雲を割って一瞬差した光が川面をさっと走り抜けていく。その不穏な美しさが、少女と大学生の上に降りかかる過酷な運命を予感させる。

広瀬すず、映画「流浪の月」主演。誘拐事件の被害者役
(C)2022「流浪の月」製作委員会

撮影監督のホン・ギョンピョは、ナ・ホンジン監督の「哭声/コクソン」や、ポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」などを手がけた韓国の名手。光と影、川面や湖面の揺らぎ、木々のさざめき。つややかに映し出される情景が美しければ美しいほど、社会から排斥され、追いつめられていく者の悲しさ、逃げ場のなさが胸に迫る。

何より、広瀬と松坂の、抑制された中にも情感があふれるような演技に圧倒された。全てを捨てても求め合わずにはいられない、孤独な2人。その行き着いた先で浮かべる安らかな表情が、深い余韻を残す。

(読売新聞文化部 山田恵美)

流浪の月(UNO―FILMSほか) 2時間30分。TOHOシネマズ日比谷など。公開中。

◇    ◇    ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あなたのきょうの運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す