森川葵「ナンバMG5」ヒロイン役、友達がいる温かさ実感

ナンバMG5(フジテレビ系)水曜午後10:00
難破剛(間宮祥太朗)は「ヤンキーをやめたい」と、家族に内緒で不良のいない高校にこっそり入学。恋した藤田深雪(森川葵)と同じ美術部に入部する。秘密を抱えた学園生活での苦悩や騒動、友情を描く。原作は小沢としおの漫画。

家族の前では“ヤンキー”だが、高校ではまじめな生徒という二重生活を送る主人公・剛(間宮祥太朗)が恋する同級生・藤田深雪みゆき を演じる。清純派のヒロインはこの人には珍しい役どころ。撮影序盤の取材では「初めはかわいい『ザ・ヒロイン』ですが、清純ではない面も見えてくる。ギャップを強く出そうと今はぐっと抑えています」とほほ笑んだ。

森川葵さん
森川葵さん

剛は筋金入りのヤンキー一家の次男。「普通の高校生」を目指して入学した高校で深雪と出会う。自身も高校で一からやり直そうと、地元から離れた経験がある。「高校デビューをしました。ミニスカートにルーズソックスというギャル生活をしてました」。剛とは重なる部分があるらしい。

だからこそ新生活を始める人も多い春、今作を届ける意義をこう実感している。「友達がいる温かさが見えてくる。新しい環境に身を置く人には、『仲良く話せる友達が欲しい』と思ってもらえるかな」

深雪はかわいげがある一方、ヤンキーをどなりつける正義感や、正体を隠そうとする剛を窮地に追い込むなどおちゃめな一面も。「引けばいいのに、足を踏み入れてしまう感じはすごく似ている」と目を細め、「友達思いのところは見習いたいです」と語る。

幅広い役柄を演じ分ける「カメレオン女優」と称されるほか、バラエティー番組で様々な技を驚異的な速さで習得し、「ワイルド・スピード森川」との異名も持つ。「いろいろなところで自分の名をとどろかせようと、必死に頑張っている感じです」と苦笑する。それでも「『ずっとかわいいよね』と下の世代の子たちに言われながらも、オーラも出せる女優さんになりたいです」と目標を語った。

猫の前ではデレデレ

Q 高校時代の思い出は。

A ウィルコムのPHS(簡易型携帯電話)で友達とずっと電話してました。(端末の)「HONEY BEE」とか、懐かしいです。いまだに捨てられなくて。

Q 主人公が見せる二面性のように、違った一面が出てしまうことはありますか。

A 猫ちゃんです。飼っている「吉」と「ヤン」の前だとしゃべり方もおかしくなっちゃう。「な~んでそんなにこいちいの、きょうもこいちいね、おはよう!」みたいな(笑)。デレデレです。

(文・読売新聞文化部 松田拓也 写真・三浦邦彦)

あわせて読みたい

森川 葵(もりかわ・あおい)

1995年6月17日生まれ。愛知県出身。2012年に女優デビュー。「賭ケグルイ」シリーズや映画「恋と うそ 」などに出演。日本テレビ系のバラエティー「それって!?実際どうなの課」にレギュラー出演中。

Keywords 関連キーワードから探す