2022年夏のベースメイク、ファンデーションは「額から塗る」が正解

このコラムでは、イセタン ミラーがこの夏おすすめするコスメと、メイクのHow-toをお伝えしていきます。

イセタン ミラーは、伊勢丹発の国内外のラグジュアリーコスメを集めたセレクトショップです。今回は、ずばり「ベースメイクのアップデート」がテーマ。マスク生活が長引く中、長らく下地やファンデーションへの注目は薄れていました。しかし、最近は店頭に立つと、お客様の「肌をきれいに見せたい」という気持ちが高まっているように感じます。この夏は、「澄み渡るような肌感」を目指して、ベースメイクを見直してみませんか。

目指すのは透明感のある肌

【フェース】

目指すのは透明感が高く、透き通るような質感の肌です。メイク崩れが気になる季節だからこそ、下地からしっかり「作りこむ」ことが大切です。下地、ファンデーション、ハイライト・チークの3ステップで紹介します。※カッコ内は今回使用したコスメの一例。

<How―to>

〈1〉 ホワイトシルバー系の下地(M・A・C ストロボクリーム シルバーライト)を額から下に向けて顔全体に延ばし、コントロールベース(イプサ コントロールベイスe ブルー)を額を中心に薄く重ねます。ホワイトシルバー系の下地に、ブルー系のコントロールベースを適量混ぜたり、肌の黄みが強い部分にブルーのコントロールベースを薄く重ねたりしてもいいでしょう。ブルーのコントロールベースは肌のくすみや色むらをカバーし、透明感を演出します。従来は、頬を中心に下地を延ばしていくとされていましたが、マスク生活において他者の視線は、目より上に行きます。ファーストタッチは額から、がマスク時代のベースメイクの新常識です。

〈2〉 リキッドファンデーション(NARSライトリフレクティングファンデーション)を軟らかめのスポンジに少量つけて、ポンポンとタップしながらつけます。ここでも額からつけましょう。リキッドファンデーションはフィット力があるので、少量を均一につけると崩れにくいです。凹凸のない、つるっとした肌に仕上げます。

〈3〉 透明感のある、つるっとした肌につけるのは、サラサラでツヤ感のあるパウダー(NARS ライトリフレクティングセッティングパウダー)。柔らかな毛の大きめのブラシで顔全体をなでるようにしてつけます。高いところには自然にしっかり粉がつくので、優しくなでるようにつけてください。さらに、ハイライト代わりのパウダー(アディクション ザ ブラッシュ ニュアンサー 001N)を重ねます。額、鼻筋、頬の高いところなどは多めに重ねましょう。2種類のパウダーを重ねることで、ハイライト代わりのパウダーがつけやすくなり、より自然に肌色のトーンや、透明度を上げてくれます。

チークは、肌なじみがよく、じんわり血色を感じさせるものがよいでしょう。青みがかったピンクのチーク(アディクション  ザ ブラッシュ ニュアンサー 005N)は自然な血色を演出します。頬の高いところにふんわり円を描くようにつけてください。その後、そのまま額や顔全体にも軽くブラシを滑らせます。

これで肌は完成です。ナチュラルで透明感がある肌に仕上がると、不思議とポイントメイクには、はっきりした色を使わなくてもいいかも、と思うかもしれません。

イセタン ミラーがトレンド夏メイクを提案 大手小町 読売新聞
イセタン ミラーが提案する2022年夏メイク
【アイカラー、マスカラ】

アイカラーは、肌に自然になじむベージュトーン(ヌードカラー)を選ぶと今年らしさが出ます。今回は、4色のパレットが並んだオレンジベージュ系のアイカラー(ルナソル アイカラーレーション EX21)を使います。

<How―to>

〈1〉左上の淡いベージュカラーをアイホール全体から眉下までのせて、明るさをだします。

〈2〉次に、右上のヌードカラーをアイホールよりも広めにのせ、その上に左下のブロンズカラーをアイホール幅ぐらいまでのせて、グラデーションを作りましょう。この2色で作るグラデーションは今季、特におすすめです。健康的で力強さもあり、上品なラメ感もあいまって今年らしい組み合わせになります。

〈3〉右下の引き締め色を細いブラシでアイラインのように目の際につけます。マスカラは紫のカラーマスカラ(ルナソル フラッタリングパワーアイラッシュ EX03)を塗ります。黒よりも透明感があり、瞳の色を淡くみせてくれます。

イセタン ミラーがトレンド夏メイクを提案 大手小町 読売新聞
(左上から時計回りに)M・A・C ストロボクリーム シルバーライト(5060円)、イプサ コントロールベイスe ブルー(3300円)、ルナソル アイカラーレーションEX21(6820円、限定品、5月20日発売)、アディクション リップ オイル プランパー011/010 (各3300円)、ルナソル フラッタリングパワーアイラッシュ EX03(3850円、限定品、5月20日発売)、アディクション ザ ブラッシュ ニュアンサー001N/005N(各3300円)※イセタン ミラーにおいて、すべて税込み

唇には軽やかなツヤを

【リップ】

リップの流行は、「チュルッ、ウルッ」とした軽やかなツヤ感です。ツヤを出しつつ、ふっくらとみせてくれるグロスのようなリップカラー(アディクション リップ オイル プランパー 010、011)を使い、元の唇の色を生かしながら仕上げます。

まず、010のカラーを唇全体に薄く広げたら、011のカラーを下唇の中心にのせてなじませます。色の濃淡をつけることで、ナチュラルだけど雰囲気のあるリップメイクに仕上げました。ご自身でリップカラーを選ぶときも、自分の唇の色が少し透けるぐらいの質感のものを選ぶのがおすすめです。

ベースメイクをアップデートすれば、ポイントメイクの考え方、選び方も変わります。新しい自分の魅力の発見につながるはずです。

あわせて読みたい

平山 竜巳(ひらやま・たつみ)
イセタン ミラー スタイリスト

 2010年から雑誌広告のヘアメイクやメイク講師として国内外で活動し、16年から在籍。店頭でスタイリストとして販売やパーソナルメイクを提案するほか、メイクビジュアルの製作にも携わり、イセタン ミラーのトレンドメイクを発信。インスタライブにも出演し、おすすめのコスメやメイクテクニックを紹介している。

Keywords 関連キーワードから探す